飛行機に客として乗ってフライトを“リアルタイム”で体験するシミュレーションゲーム『Airplane Mode』開発中

 パブリッシャーのAMCは、Bacronymの開発する旅客シミュレーションゲーム『Airplane Mode』の新しいトレイラーを公開した。映像ではニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港からカナダのハリファックス・ロバート・L・スタンフィールド国際空港までのフライトの一幕を描いている。

 Microsoftがリリースしたフライトシミュレーションゲームが話題になっているが、本作は旅客機に客として乗り込み、フライトの時間をリアルタイムで楽しむゲームだ。乱気流や遅延など、プレイするたびに飛行機での移動でありがちな事件が起きる。

 飛行機を操縦することはできないが、プレイヤーは席に座ってシートベルトを締め、目の前にあるモニターで映画を見たり、有料wifiでインターネットをしたり、音楽を聴いたりできる。

 ゲームで楽しめるのは、前述の通り飛行機に乗ったことがある方にはお馴染みの出来事ばかりだ。しかもプレイする度に異なるイベントが起きる。乗ったことがないという方には、ゲームを通じて実際のフライトの雰囲気を楽しむよいチャンスになるだろう。

 長時間のフライトでも、映画を見ていれば意外に時間が経つのは早いものだが、ゲームで視聴できるのは1930年代のヒット映画をフィーチャーした映像だという。2019年に公開されたトレイラーでは、1902年に公開された映画『月世界旅行』が流れている。著作権の切れた映像が用意されているようだ。

 目の前のモニターではほかにも、フライトトラッカーで現在地を確認したりもできる。飽きてきたら窓をから外の風景を見るのも良いだろう。衛星写真を利用し、飛行経路はできる限り現地を再現しているのだという。

 機内誌のクロスワードパズルを解いたり、スナックを注文したり、お馴染みの「Fish or Chicken?」の質問に答えたり、現実の機内でできることは一通りできるようだ。

(画像はSteam『Airplane Mode』より)
(画像はSteam『Airplane Mode』より)
(画像はSteam『Airplane Mode』より)

 『Airplane Mode』の対応プラットフォームはPC(Steam)。2020年発売予定だ。スクリーンショットを見る限り、エコノミークラスの座席がかなり正確に再現されている。飛行機ファンにはたまらないゲームになる……かもしれない。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧