PS Plusでの『Fall Guys: Ultimate Knockout』無料配信は8月31日まで。一度入れればサービス加入中にいつでも再ダウンロードやプレイが可能

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)が運営している定額制サービス「PlayStation Plus」(以下、PS Plus)では、8月のフリープレイタイトルとして一人称視点シューティング(FPS)ゲーム『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア 2 キャンペーン リマスタード(CoD:MW2)』とオンラインアクションゲーム『Fall Guys: Ultimate Knockout』を8月31日(月)まで配信中だ。

 一度無料ダウンロードの手続きを実行したフリープレイタイトルはPS Plusに加入している限り、配信期間終了後も引き続きソフトのダウンロードやプレイが可能だ。PS Plusの利用権を失効した場合でも、再度有効化すればびダウンロードして楽しめる。また、失効日から半年以内に再加入した場合、オンラインストレージに保存されたセーブデータも維持される。

 『Fall Guys: Ultimate Knockout』は、80年代の人気バラエティ番組「風雲!たけし城」から影響を受けているアトラクション型のバトルロイヤルゲームである。最大60人のプレイヤーで一斉に参加できる点をはじめ、カスタマイズ可能で愛らしい容姿のプレイヤーキャラクターやカラフルなアートデザインを特徴としている。

 PC(Steam)版は発売から1ヶ月足らずで700万本を販売したほか、PlayStation 4版では発売日からフリープレイの対象となったことがきっかけで「世界で最もライブラリーに追加されたPS Plusのフリープレイタイトル」の称号を得た。

 ファンコミュニティの活動も活発だ。海外のある配信者はキャラクターのモチーフとなっているゼリービーンズでコントローラーを作りプレイしたほか、ゲーム関連をはじめとする多くの企業やイラストレーターがスキンを二次創作でデザインしている。

 開発元のMediatonicもこのムーブメントにいち早く反応し、事前団体への寄付を募る入札競争を実施。このほか、ストリーミング配信サイトのTwitchでは、ベータテストの開始から7日間で50万人以上のユーザーが配信を視聴したようだ。

(画像はPlayStation Store『Fall Guys: Ultimate Knockout』より)

 なお、PS Plusにおける9月のフリープレイタイトルには『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(PUBG)』『ストリートファイターV』が選ばれている。興味があればこちらもチェックしてみてほしい。

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧