9月23日に基本無料化した『ロケットリーグ』が早速同時接続数100万人突破。無料化で遊びやすくなったカーサッカーゲームが多くのプレイヤーを獲得する

 現地時間9月23日に基本無料の料金体系に移行したカーサッカーゲーム『ロケットリーグ』が、早速同時接続数100万人を突破した。ゲームを開発するPsyonixの共同スタジオヘッドコーレイ・デイビス氏が伝えている。

 『ロケットリーグ』は、ふたつのチームに分かれてロケットブースターの付いた車でサッカーをするゲームだ。2015年に有料ゲームとしてリリースされ、5周年目にあたる2020年に基本無料化を発表。対応プラットフォームはPlayStation 4、Xbox One、Nintendo Switch、PC(Epic Games Store)。Epic Games Storeでは無料で貰える上に1000円分のクーポンまで貰える大盤振る舞いだ。

 基本無料化する前の2020年7月に、Psyonixはゲームがリリースされて5年間で7500万人のプレイヤーを記録したことを発表していた。
 また、PC版はEpic Games Storeへの移行に伴ってSteamでの販売が終了となったが、9月25日のピークプレイヤー数は約13万人を記録している。Steamでは販売停止となったが、基本無料化の前にSteamで購入していたひとはそのまま同等のアップデートが続く。

(画像は『ロケットリーグ』公式サイトより)

 基本無料化した『ロケットリーグ』のプレイヤー数は上々のようだ。基本無料化とEpic Games Storeへの移行を祝し、Epic Gamesの『フォートナイト』とコラボしたイベントも開催される。

 少人数から楽しめるゲームなので、PlayStation 4、Xbox One、Nintendo Switch、PCを持っていてまだゲームを遊んだ事がないという方は、ぜひ一度プレイしてみて欲しい。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧