『ポケットモンスター』の「モンスターボール型ICカード」が台湾で10月に限定発売。ボールを片手に交通機関や飲食店での支払いなどが可能

 EasyCard(悠遊カード)を扱っている悠遊卡股份有限公司は、『Pokémon GO』でおなじみのNiantic, Inc.と提携してモンスターボール型のEasyCard「寶可夢造型悠遊卡 – 3D 精靈球」を現地時間10月15日から予約販売すると発表した。

(画像はEasyCard(悠遊カード)公式サイトより)

 台湾国内で展開されているEasyCardは、RFID技術を使用した非接触型のICカードだ。鉄道などの交通機関はもちろんコンビニ、スーパー、飲食店から医療費の支払いまで可能となっている。ほかにも学生証や職員証の機能や、悠遊連名カードと呼ばれるクレジットカード機能を追加されたものも発行されている。

 海外メディアTaiwan Newsによると、モンスターボール型のEasyCardはもともと2019年7月にリリースされたもので、台北で3000個限定で発売されてほぼ即完売した。EasyCardを展開する悠遊卡股份有限公司によれば、同カードはその後も販売されたが人気で1万4000個が販売されたという。

 それにゆえに、今回はモンスターボール型EasyCardを10月中旬から下旬まで、台湾のオンライン小売業者PChomeにて予約販売する予定となっているが、特定の会員限定でひとり1個までしか予約することができないとされている。価格は390新台湾ドルで約1400円だ。

※昨年の発売時に投稿されたポケモンボール型ICカードの映像

 EasyCardは非接触型のため、チップさえあればカードの形をする必要がない。そのためモンスターボール以外にも、ハローキティの御守りやドラゴンボールの四星球DUALSHOCK 4のストラップなどの面白いEasyCardがたくさん登場してきた。

 残念ながら日本国内からの購入は難しいと考えられる「寶可夢造型悠遊卡 – 3D 精靈球」だが、使用できる機会があればぜひ触れてみたいところだ。

ライター
園児時代に押入れにあった神トラとFF4を遊んだことがきっかけでゲームにハマる。主にアクションゲーム、アドベンチャーゲーム、デジタルカードゲームを遊び、気に入ったゲームはトロコンまで遊ぶ派。思い出のゲームは『ロックマンエグゼシリーズ』『ぼくのなつやすみ2』『銃声とダイヤモンド』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧