『パックマン』が64人対戦バトロワゲームに。最後のひとりのパックマンを目指す『PAC-MAN Mega Tunnel Battle』がGoogle Stadiaに登場

 Googleは、同社が展開するクラウドゲーミングサービスGoogle Stadieにて最大64人参加のバトルロイヤルゲーム『PAC-MAN Mega Tunnel Battle』をリリースすることを発表した。Google Stadia公式フォーラムによるとゲームの価格は19.99ドル。(Stadiaリンク

 Google Stadiaは残念ながらまだ日本からサービスを受けられないが、加入者は10月27日(火)まで本作の体験版が無料でプレイでき、11月17日(火)に本編がバンダイナムコエンターテインメントよりリリースされる。なお「Google Stadiaで先行リリース」(First on Stadia)とされているため、後日ほかのプラットフォームでもリリースされるようだ。

 『PAC-MAN Mega Tunnel Battle』は、2020年に40周年を迎えた『パックマン』をバトロワゲームにしたタイトルだ。マップ内のエサを食べながらモンスターを回避し、パワーエサを食べて反撃するというシステムはそのままに、一定時間ごとに解放されるゲートをくぐって隣接したほかのプレイヤーの陣地にも攻め込むことができる。目指すは最後のパックマンになること。

 プレスリリースによると、ゲームには新しいパワーアップが導入され、視聴者がどのパワーアップをゲームに登場させるか選べる機能もあるという。こういったゲームではお馴染みだが、パックマンの見た目をカスタマイズする機能も搭載されている。

(画像はBusinesswireより)

 『スーパーマリオブラザーズ』『テトリス』『ボンバーマン』など、ゲームファンにはお馴染みのクラシックゲームが続々とバトルロイヤルゲームとして生まれ変わっている。
 40周年を迎えた『パックマン ジオ』(参考記事)として位置ゲームに変化したり、『PAC-MAN Mega Tunnel Battle』でバトルロイヤルゲームになったりと、まだまだ進化を見せてくれている。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧