日本発の大型インディーゲーム情報番組「INDIE Live Expo II」にSIEが協賛へ。ストリーマーやメディアパートナーによる応援放送も決定

 INDIE Live Expo実行委員会は10月30日(金)、オンラインイベント「INDIE Live ExpoⅡ」の最新情報を発表した。

 「INDIE Live Expo」はインディーゲームの最新情報を紹介する配信番組。2020年6月6日に放送された第1回では、150を超えるゲームタイトル日本語・中国語・英語で紹介され、全世界で730万回以上の視聴数を記録した。第2回となる「INDIE Live ExpoⅡ」は、11月7日(土)18時50分からの放送を予定している。

 実行委員会は今回「INDIE Live ExpoⅡ」を多くの人に観てもらえるように、ストリーマー、メディアパートナーによる応援放送を決定した。フェイ氏やキミノミヤ氏、IGN JapanStudio NGCなどが応援放送を予定。さらに実行委員会は、応援放送をしてくれるストリーマーやメディアパートナーを引き続き募集している。

 このほか、「INDIE Live ExpoⅡ」に新たな複数の企業が協賛、メディアパートナーとして参加したことも発表されている。

■新規協賛企業(順不同)

・株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント
・株式会社 Phoenixx
・アンノウン X
・株式会社ポケットペア
・株式会社ワンオアエイト
・Yooreka Studio

■新規メディアパートナー

・GAMECORES

 今回SIEが協賛することになったインディゲーム情報番組「INDIE Live ExpoⅡ」。11月7日(土)の放送は、好きなストリーマーのチャンネルでチェックしてみてはいかがだろうか。

 リリース全文は以下のとおり。

ストリーマー・メディアの応援放送が続々決定
「INDIE Live ExpoⅡ」
世界中からの応援放送を大募集中

2020 年 11 月 7 日(土)18:50 より全世界に向け配信する、インディゲームのための情報番組「INDIE Live Expo Ⅱ」の最新情報をお知らせいたします。

世界各国のストリーマー、メディアパートナーによる応援放送が決定!

「INDIE Live ExpoⅡ」は、多くの方に楽しんで観ていただけるよう、世界中のストリーマー、メディアパートナーからの応援放送を歓迎しています。公式アカウントによる配信のほか、ストリーマーやゲームメディアなど、お好きなプラットフォーム、チャンネルにて INDIE Live ExpoⅡを視聴いただけます。

一緒に盛り上げていただく、応援放送の協力者を募集中です

「INDIE Live ExpoⅡ」を共に盛り上げていただく、ストリーマー、メディアパートナーを募集しております。公式サイトからお問い合わせいただけますと、サイト内でもご紹介させていただきます。

<応援放送配信先(一部)>

・フェイ(https://www.youtube.com/user/feigamechannel/
・キミノミヤ(https://www.youtube.com/channel/UCg8TPE5nLLOqlNnBivmQwww
・jacklanton(https://twitch.tv/jacklanton
・カワミス(https://www.twitch.tv/kawamisu
・IGN Japan(https://jp.ign.com/
・ゲーねす!(https://www.youtube.com/channel/UCOUWUtFbIviEJeQYxVCgQZA
・Studio NGC(https://www.twitch.tv/ngc_the_twitch

応援放送のお問い合わせは公式サイトよりご連絡ください
https://indie.live-expo.games/

協賛企業、メディアパートナー追加のお知らせ

新たに複数の企業が協賛、メディアパートナーとして参加いたしましたことをお知らせいたします。

■新規協賛企業(順不同)

・株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント
・株式会社 Phoenixx
・アンノウン X
・株式会社ポケットペア
・株式会社ワンオアエイト
・Yooreka Studio

■新規メディアパートナー(順不同)

・GAMECORES

<協賛企業・メディアパートナー各社(2020 年 10 月 30 日時点)>

<INDIE Live ExpoII 開催概要>

■会期 2020 年 11 月 7 日(土) 18:50~(JST)

■出演者(敬称略)

・日本語版放送:吉田尚記(ニッポン放送)、水谷俊次(PLAYISM)、わいわい
・英語版放送:厚切りジェイソン、J-mon
・中国語版放送:犬次郎、黄政凱(フライハイワークス)
・コーナーゲスト:徳岡正肇、ダイナ四

■配信プラットフォーム

・日本語版放送
YouTube: https://youtu.be/TA2cRwURmWM
Twitter:https://twitter.com/INDIELiveExpo
Twitch:https://www.twitch.tv/indie_live_expo_jp
ニコニコ生放送:http://live.nicovideo.jp/watch/lv328558579

・英語版放送
YouTube :https://youtu.be/coU0GEViORI
Twitter:https://twitter.com/INDIELiveExpo
Twitch:https://www.twitch.tv/indie_live_expo_en

・中国語版放送
bilibili:https://live.bilibili.com/22229644

最新情報は、公式サイト、公式 Twitter アカウントをご覧ください。
・公式サイト:https://indie.live-expo.games/
・公式 Twitter:https://twitter.com/INDIELiveExpo

INDIE Live Expo とは

2020 年 6 月 6 日に第一回が放送された、インディゲームの最新情報を紹介するための情報番組です。日本語・中国語・英語で放送を行い、150 を超えるゲームタイトルを紹介し、全世界 730 万超の視聴数を獲得しました。世界中のインディゲーマーが注目する生放送イベントとして、第二回は11 月 7 日に放送を予定しています。

主催:INDIE Live Expo 実行委員会
共催:株式会社リュウズオフィス
企画協力:株式会社ワイソーシリアス
協力:PLAYISM(株式会社アクティブゲーミングメディア)

INDIE Live Expo 実行委員会について

「インディゲーム」を多くのユーザーに知ってもらう場を作るための任意団体です。「ゲームへの貢献」をテーマにマーケティングソリューションを提供する株式会社リュウズオフィスにより INDIE Live Expo 実行を目的として設立されました。

共催・事務局:株式会社リュウズオフィス

スマートフォン、コンシューマ、アーケード、PC といった国内主要ゲーム市場に向けた、マーケティングソリューションのプロフェッショナル集団。生放送を重要なプロモーション施策のひとつとして位置づけ、番組企画・プロデュースに注力。数多くのゲーム生放送制作実績を持つ。

http://ryusoffice.co.jp

ライター
園児時代に押入れにあった神トラとFF4を遊んだことがきっかけでゲームにハマる。主にアクションゲーム、アドベンチャーゲーム、デジタルカードゲームを遊び、気に入ったゲームはトロコンまで遊ぶ派。思い出のゲームは『ロックマンエグゼシリーズ』『ぼくのなつやすみ2』『銃声とダイヤモンド』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧