ZONeとJeSUが「eスポーツテスト」を公開。eスポーツに不可欠な能力をスマートフォンから無料で測定、トレーニングに役立てられる

 サントリーフーズが販売するエナジードリンクブランド「ZONe」は11月25日(水)、「JeSU公認 全国統一 eスポーツテスト presented by ZONe」(以下、eスポーツテスト)を公開した。「eスポーツテスト」は、スマートフォンからプレイできるテストで、eスポーツに必要不可欠な自身の能力を無料で診断、測定することができる。

 この「eスポーツテスト」は、一般社団法人日本eスポーツ連合こと「JeSU」と、eスポーツ研究の第一人者である馬場章氏が監修をしたもの。テストは3つに分かれており、手を駆使する「HAND」、目を駆使する「EYE」、脳を駆使する「BRAIN」を通して、eスポーツに不可欠な操作力、認知力、思考力、反射力、持久力という基礎能力をそれぞれ測定する。

 本テストは、プロeスポーツプレイヤーとしての能力を問うものではなく、3つのテストの記録と、5つの基礎能力を総合的に評価した偏差値を知ることで、自分の長所短所、実力などを把握・分析して、トレーニングに役立てることが目的だ。なお、本テストはJeSUが発行するプロライセンスの選考に関係するものではないので、安心して試してみてほしい。

 日々のテストにおける成長の記録として、毎日、各ゲームの最高記録を「デイリーハイスコア」として記録することができる。過去30日分のデイリースコアを個人記録として保存し、 30日分のデイリースコアの推移を折れ線グラフとして表示することが可能だ。

 なお、本テストは専門アプリではなく、ブラウザを使ったものとなっている。科学的な知見に基づいたものいう本格的なテストだが、無料ということもあり、スマートフォンさえあれば手軽にどこでもテストができるので、eスポーツに興味がある人は試してみてはいかがだろうか。

 以下、プレスリリースに付与されていた本テストの監修を務めた馬場章氏のコメントと、OMOCHI選手、JACK選手、まさちゅう選手のインタビュー、それぞれの選手からのアドバイスを掲載する。

■eスポーツテスト監修者・馬場章氏のコメント

馬場章氏

監修に当たっては、強くてうまいeスポーツプレイヤーになるために、科学的知見に基づいて、「eスポーツテスト」の実効性や全体のバランスを検証し、利用方法についても検討しました。「eスポーツテスト」は、eスポーツに必要なビジョンスキル(視能力)を中心に、それに基づく五つの基礎能力を客観的に測定することができます。カンも大切ですが、数値で自身の能力レベルや得手不得手が把握できるので、プレイヤーとしての自分の長所や弱点を知って、長所を伸ばし、弱点を克服するのに役立ちます。

また、「eスポーツテスト」はeスポーツのトレーニングツールとしても活用できます。その場合は、少なくとも1日おきに利用してください。「eスポーツテスト」の前後にストレッチやフィジカルトレーニングを組み合わせると、さらに効果が期待できます。

学校でeスポーツを専攻している学生・生徒の皆さんや、eスポーツ部・eスポーツサークルで活動している学生・生徒の皆さんは、日々のトレーニングメニューの中に「eスポーツテスト」を組み込んでください。eスポーツのトレーニングは「ゲーミング」「フィジカル」「メンタル」の3本柱です。

「eスポーツテスト」はこれらすべてに関与する測定ツールであり、トレーニングツールです。eスポーツは強くてうまくなるだけでなく、楽しむことも大切です。プレイヤーがタイトルを選択する際には、ゲームとの相性を考えて楽しめるジャンルがよいでしょう。そのジャンルで強くなるために「eスポーツテスト」を活用してください。また、プレイヤーは複数のタイトルをプレイすることが多いので、同じジャンルで他のタイトルに挑戦する場合や、異なるジャンルのタイトルに挑戦する場合も「eスポーツテスト」の結果が参考になります。

■eスポーツ日本代表OMOCHI選手・JACK選手・まさちゅう選手インタビュー

jack選手
masachu選手
omochi選手

――「eスポーツテスト」をプレイしてみて、率直な感想をお聞かせください。

【OMOCHI選手】:すぐに判断する必要があるゲームはあまり得意ではないので、3つのテストの中で「BRAIN」が難しかったです。反射的にプレイできるゲームが好きなので、「EYE」は楽しくて、もっと伸びそうな気がしました。何回もやれば、良い記録を出せそうな気がします。

【JACK選手】:面白かったです。「HAND」は最初すぐに当たってしまったんですけど、何回かやっているうちに慣れて、最終的にはまあまあ良い結果になったのではないかな。「EYE」は難しくて、これは回数を重ねても、あんまり操作が上達するものではないのかなと思いました。人に負けるのが好きではないので、このテストの結果が分かる偏差値とか、誰かと比べる要素があると、何回もやって、無理やり勝ちを取りに行っちゃいます。

【まさちゅう選手】:初見だと、難しいなという印象です。「HAND」はムキになっちゃいますね。僕自身あまりスマホのゲームをやらないので、慣れない操作が難しいなと思いました。「EYE」と「BRAIN」は毎回違うので、面白かったです。僕がよくプレイしているのは、思考とか判断とかが重要になるゲームなので、目で見て判断する「BRAIN」は特に自信がありました。

――「eスポーツテスト」の結果を受けて、ご自身が想像していた能力との差異はありましたか

【OMOCHI選手】:想像以上に良かったのは「BRAIN」で、他はだいたい思っていた通りの結果だったと思います。

【JACK選手】:思考力には自信があるので、最初は結構良いところまで行けると思いましたが、めちゃくちゃ低いなと感じました。

【まさちゅう選手】:僕がよくプレイしているのは、思考とか判断とかが重要になるサッカーゲームなので、目で見て判断する「BRAIN」は自信がありました。

――結果によって、得意なeスポーツタイトル、合っているジャンルが測れると思いますか

【OMOCHI選手】:こういうゲームが合っているというのは、ある程度分かるんじゃないでしょうか。ただ、向き不向きは出るかもしれません。僕は(MOBAなどの)5対5のチーム戦とかが、あまり得意ではないので、今プレイしているFPSが自分には合っていると思います。

【まさちゅう選手】分かると思います。例えば、FPSとかは操作面が重要ですが、サッカーゲームは戦術の要素も多くあるので、操作面に関しては他のプレイヤーより甘くても、戦術とか試合中の臨機応変な対応なら、自分に合っているなとか。

――素質的な指針としてだけでなく、例えば現状の調子を測る意味で「eスポーツテスト」をプレイすることはあり得ますでしょうか?

【OMOCHI選手】あると思います。「EYE」は反射的に押すテストなので、プレイすることで、集中力を高めていけそうな気がします。

【JACK選手】:「HAND」は集中力が大事なので、余裕がある時にプレイすると一番スコアが出るのかなと。試合前とか、自分がどれだけ落ち着いているのかを把握するには良いと思います。

【まさちゅう選手】実際にスコアが表示されるので、今日はちょっと反応が良くないなとか、調子は測れると思います。

――プレイし続けることで、eスポーツゲーム自体の上達につながると思いますか

【OMOCHI選手】反射的な面ではつながると思います。

――「eスポーツテスト」の五つの結果項目認識力・思考力・操作力・反射力・持久力のうち、FPS(一人称視点ではどの能力が必要になりますか?

【OMOCHI選手】:思考力が重要になると思います。やっぱり考えて動かないといけないので。僕は思考力を高めるために、海外チームのプレイ動画を見て、こういう動きもあるんだなと参考にしています。やはりFPSは海外の方が盛んで、選手の実力もあり、動きのバリエーションも豊富です。特に、韓国と中国のレベルが高いですね。

eスポーツ日本代表OMOCHI選手・JACK選手・まさちゅう選手に聞いた!“eスポーツ選手として大成する”四つのTIPS!

eスポーツに必要不可欠な基礎能力を計測できる「eスポーツテスト」の公開に合わせて、日本代表のeスポーツ選手3人に、ゲーム能力を高めるために普段から意識し、心掛けていることなどをインタビュー取材。「eスポーツ選手として大成する四つのTIPS」としてまとめました。

「eスポーツ選手として大成する四つのTIPS」

1.自分よりうまい人の動画、最新情報を入手して研究する

2.毎日のプレイ時間・睡眠時間・集中できる環境を確保する

3.周りにファンや仲間を増やして後押ししてもらう

4.オンライン大会で結果を残し、周囲に自らの存在感をアピールする

1.自分よりうまい人の動画、最新情報を入手して研究する

「動画を見て、自分が理解できないプレイがあったら、すぐチームメートや知り合いに聞くようにしています。そうすることで、自分の力もステップアップしていくイメージです」(JACK選手)「僕がプレイしているサッカーゲームは、リアルの世界の戦術がどんどん進化しているので、最新情報をSNSとかで入手し、それを自分で研究して取り入れたり、考えたりしています」(まさちゅう選手)

2.毎日のプレイ時間・睡眠時間・集中できる環境を確保する

「毎日10時間以上プレイして、1日ごとに必ず練習試合をします」(OMOCHI選手)

「ゲーマーは睡眠時間を削りがちで、僕も以前はそういう面がありましたが、今では体調管理のため、睡眠時間を確保することを心掛けています。あと、ゲーミングチェアとか、機材を変えていくと、結構効果があって、特に椅子は重要でした」(まさちゅう選手)

「自分の好きな音楽を聴きながらプレイすると集中しやすいです。周りにも自分と同じように、音楽を聴いている人もいれば、そうでない人もいるので、一度試してみるのもオススメです」(JACK選手)

3.周りにファンや仲間を増やして後押ししてもらう

「大会では周りを味方に付けたら勝ち。スタッフさんとかに積極的に話し掛けて、コミュニケーションを取って、自分を応援してもらえるようにしています。あとは、うまい人と仲良くなることも大事。独りでゲームをやり続けるような環境はよくないと思います」(まさちゅう選手)

「プロとしてプレイもめちゃくちゃ重要ですが、やっぱりたくさんの人から応援してもらえるように、いろいろな人から見られていることを意識し、SNSとか普段の私生活から気をつけて、ファンを増やしていくと、上のステージに行けるのではないかと思います」(JACK選手)

4オンライン大会で結果を残し、周囲に自らの存在感をアピールする

「いくらうまくても、オンラインの大会で結果を残せないと、プロゲーマーにはなれないと思います。また、eスポーツは競争する競技なので、負けず嫌いな性格は重要。僕もこれまで負け試合はありましたが、振り返ると、絶対に勝てない試合はひとつもなかったと自負しています」(まさちゅう選手)

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ