「ドラゴンクエスト アイランド 大魔王ゾーマとはじまりの島」が兵庫県立淡路島に2021年春オープン。勇者に憧れるホイミスライム「ホミロット」を仲間に、自分の足で冒険できるアトラクション

 『ドラゴンクエスト』シリーズの生みの親である堀井雄二氏は12月10日(木)、Twitter上で「ドラゴンクエスト アイランド 大魔王ゾーマとはじまりの島」(以下、ドラゴンクエスト アイランド)を、兵庫県立淡路島公園内にある「ニジゲンノモリ」へ2021年春にオープンすることを発表した。

画像はMy Nintendo Store『ドラゴンクエスト』ダウンロード版より
画像は公式サイトより

 「ドラゴンクエスト アイランド」がオープンする淡路島州本市は堀井雄二氏の出身地であり、これまでにも『ドラゴンクエスト』に関するさまざまな催しが実施されてきた。

 2016年2月には、淡路島洲本市のふるさと納税返礼品に「ドラゴンクエスト」のグッズが採用。その後、2017年7月には『ドラゴンクエスト』30周年を記念した「ドラゴンクエストミュージアムセレクションズ」を誘致開催したほか、ドラゴンクエスト30周年記念の銅像も建立された。

 そして、2018年2月には、洲本市文化体育館にて「ドラゴンクエストスペシャルコンサート」を誘致開催している。

 「ドラゴンクエスト アイランド」は、リアルとデジタルを融合させた『ドラゴンクエスト』の世界を自分自身の足で冒険する屋外型フィールドRPGアトラクションとなる。

 また、オリジナルキャラクターやモンスターも登場。仲間として、勇者に憧れるホイミスライム「ホミロット」が冒険のアドバイスやバトルの手助けをしてくれる。

画像は公式サイトより

 さらに、限定のオリジナルグッズ『ドラゴンクエスト』シリーズをイメージしたフードも販売されるようだ。

 公式サイトや公式Twitterアカウントでアトラクションの情報が順次公開予定となっているので、冒険の準備をして待とう。

ライター
ベヨネッタとロリポップチェーンソーでゲームに目覚めました。 3D酔いと戦いつつゲームをする傍ら、学生をしています。
Twitter:@d0ntcry4nym0re
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ