移植版『moon』や『勇者ヤマダくん』などの作品で知られるOnion Gamesが新作RPGの制作開始を発表。ディレクターの木村祥朗氏は「最後のRPG」と意気込む

 Nintendo Switch移植版『moon』『勇者ヤマダくん』などの作品で知られるOnion Gamesは12月11日(金)、新作ロールプレイングゲームの制作開始に関する宣言を発表した。ディレクターについては旅人でゲームデザイナーの木村祥朗氏が担当する。

 なお、タイトルや発売日、プラットフォームについては未定で、続報はOnion Gamesの公式メールマガジン「のぞきみクラブ」で公開される予定となっている。

 Onion Gamesの公式Discordサーバーでは、木村氏やイラストレーターの倉島一幸氏が1年の振り返りと来年の抱負を語るラジオ番組を12月25日(金)の20時から実施する。興味があれば、公式Discordサーバーをチェックしてみてほしい。

 発表にあわせて公開された公式サイトに掲載されている木村氏の直筆コメントは以下のとおりだ。

こんにちは、みなさま。Onion Gamesの木村です。
ついにOnion Gamesで箱庭型のRPGを作るときめました。

たぶん、これがボクの 最後 のRPGになります。

そしてmoonの移植を経て、ついに 挑戦 することにする。
Million Onion Hotel、BLACK BIRD、勇者ヤマダくん

この世は 理不尽な できごと でいっぱいだ。
大人たちは 世の理不尽を かいけつせず 放置してきた。
はたして、子供たちはそれを のりこえることはできるのか?

ボクはRPGに童話的な浪漫を復活させ
ボクなりの答えを見つけたいのです。

だがしかし、自分の中でリフレインするのはこんな声。

「RPGは大変だぞ」

ボクらの身の丈にあった物を作らないと沈没だろう。
しかし理想を追求しないと平凡なものができて つまらんだろう。

自分自身で過去作と比較して苦しむこともあるんだろうな。
だけどやる。
やはりやることにする。
今やり始めないと、作れなくなるから。
年齢的にも体力的にも、今が最後のチャンスだから。

これで力つきてもいいぐらい注ぎ込んで終わる気合でいく。

新作RPG開発 はじめてみます。

Onion Games 木村祥朗
2020 年 12 月 11 日

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧