コストパフォーマンスに優れた名作揃い。Nintendo Switch向けインディーゲーム70作品を特別価格で購入できる「Indie Worldセール」が開催へ

 任天堂が展開する「Indie World(インディーワールド)」の公式Twitterアカウントは、Nintendo Switch向けのインディーゲームを特別価格で購入できる「Indie World セール」の開催を発表した。期間は12月14日(月)から12月27日(日)の23時59分まで。

(画像は任天堂公式サイト トピックスより)

 2018年5月にスタートしたIndie Worldは、任天堂でインディーゲーム関連の業務を担当するSOEJIMA(副島佑介)氏とBOKU(朴誠史)氏が、Nintendo Switchで遊べるインディーゲームを紹介する配信番組である。番組ではインディーゲームを「少ない人数で制作しているゲーム」と定義しており、個人での開発から制作が始まった『マインクラフト』や、SNS上で話題となった『天穂(てんすい)のサクナヒメも定義にあてはまる。

 今回のセールでは、世界的な影響をもつアワードイベント「The Game Awards 2020」で2部門にノミネートされたアドベンチャー作品『Spiritfarer』や、12月からNetflixでドラマ版の配信が始まったホラーアドベンチャー『返校 -Detention-』など、厳選された70タイトルを20%オフから50%オフの価格で購入可能だ。

(画像はマイニンテンドーストア『Spiritfarer ダウンロード版』より)
(画像はマイニンテンドーストア『返校 -Detention- ダウンロード版』より)

 一般的な作品と異なり、家庭用ゲーム機で取り扱われるようになった近年でも、インディーゲームを遊ぶきっかけが少ない人もまだまだいることだろう。興味があればぜひ、低価格で大きな楽しさを与えてくれるインディーゲームのコストパフォーマンスを体験してみてほしい。

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ