農村を飛び出した馬泥棒が広い世界でやりたい放題。中世版『グランド・セフト・オート』こと『Rustler』のSteam早期アクセスが2月18日に開始へ

 ポーランド・ワルシャワに拠点を置くゲーム開発会社Jutsu Gamesは、中世を舞台にした犯罪アクションゲーム『Rustler』のSteam早期アクセスを2月18日(木)に開始すると発表した。本作の内容をコミカルに紹介する実写映像も公開されている。

 『Rustler』は、農村を飛び出した主人公がさまざまな犯罪に手を染めながら成り上がりを目指す見下ろし視点のオープンワールド作品だ。「Grand Theft Horse」との別題が付けられているとおり、本作は『グランド・セフト・オート(Grand Theft Auto)』シリーズの影響を強く受けている。また、本作は数々の議論と人気を呼んだイギリスの伝説的コメディ集団「モンティ・パイソン」からも影響を受けており、ストアページの説明では不謹慎なブラックユーモアの数々を確認できる。

 本作に興味があれば、まずは2020年4月にリリースされている無料の体験版『Rustler: Prologue』を遊んでみるとよいだろう。なお、体験版は日本語非対応となっているが、製品版のストアページでは日本語のインターフェイスと字幕に対応することが示されている。

※2020年5月公開のゲームプレイトレイラー映像

 また、『Rustler』の公式Facebookページでは公式のDiscordサーバーへの案内なども実施されているサーバー内に日本語のチャットチャンネルは残念ながら用意されていないようだが、英語でのフィードバックが可能であれば参加しておくとよいだろう。

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ