まるでミニチュアゲームを遊ぶようなダンジョン探索ローグライク『Fallen of the Roun‪d』4月6日発売。ジオラマ風のグラフィックが美しい、陣形が重要になる戦術重視の作品

 ゲーム開発者のhideki hanida氏による新作RPG『Fallen of the Roun‪d』予約がスタートした。対応プラットフォームはiOS、価格は370円だ。4月6日(火)に発売予定となっている。

 『Fallen of the Roun‪d』は、ミニチュアをベースにしたダンジョン探索ローグライクゲーム。大きな特徴は、本当にミニチュアを使って遊ぶボードゲームのような感覚で戦闘を楽しめる点だ。ジオラマ風のマップの上に配置されたユニットも、実在のボードゲームのような質感があり、ミニチュアゲームへのこだわりを感じるゲームになっている。

 プレイヤーはさまざまなスキルを持つ冒険者でチームを組み、ダンジョンを進んで敵と戦う。戦闘は円形のアリーナで行われ、敵の配置に合わせて自分のユニットを手作業で配置すると戦闘開始だ。

 弓兵や魔法使いはその場を動かずとも遠くの敵に攻撃できる。一方、戦士は敵を攻撃するには近づかなければならない。攻撃方向は矢印で指定し、効果的な方向を自分で狙うことになる。こうした戦闘も、ミニチュアゲームを知っている方なら「それっぽい!」と思うのではないだろうか。

 トレイラーでは敵の攻撃が一直線に貫通し、複数のメンバーが被弾しているシーンが確認できる。このほかスキルも多様で、「確率で自動発動するもの」、「バトル開始/終了時に発動するもの」、「獲得時に発動するもの」の3種類があるという。やみくもに攻撃するのではなく、陣形も考慮して戦う必要がありそうだ。

(画像はApp Store『Fallen of the Roun‪d』より)
(画像はApp Store『Fallen of the Roun‪d』より)
(画像はApp Store『Fallen of the Roun‪d』より)
(画像はApp Store『Fallen of the Roun‪d』より)

 ゲームでは戦闘が終われば新たなユニットが手に入り、同じユニットを3つ組み合わせてパワーアップさせたり、新しいチームメンバーとしてパーティに組み込んでいく。
 そして『FTL: Faster Than Light』など名作ローグライクゲームのように、線で結ばれた点を順番に歩いてダンジョンの奥を目指す。

 進むべき方向も分岐するようで、プレイヤーの選択次第でさまざまなイベントが起きることが期待できる。

 ビジュアルがすばらしく、ゲームプレイもかなり面白そうな『Fallen of the Roun‪d』は4月6日(火)に発売予定だ。現在予約受付中なので、興味がある方は購入を検討してほしい。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ