『勇なま。』『天誅』のプロデューサー山本正美氏がSIEジャパンスタジオを退職。SME時代から25年間、ソニーグループを勤め上げる

 SIEジャパンスタジオで部長、シニア・プロデューサーを務めた山本正美氏は、同スタジオを2月28日付けで退職したことをTwitter上で報告した

 山本正美氏はアスキーでアクションゲーム『アルディライトフット』にディレクターとして携わったあと、ソニー・ミュージックエンタテイメントへ移籍。『立体忍者活劇 天誅』のプロデューサーを務めた。

 2001年にソニー・インタラクティブエンタテイメント(以下、SIE)に移籍後は、『勇者のくせになまいきだ。』『無限回廊』などを生み出したクリエイター発掘支援を目的としたオーディション「ゲームやろうぜ!2006」、また『TOKYO JUNGLE』『Rain』を生み出した「PlayStation C.A.M.P!」を主宰した。

 これら『勇者のくせになまいきだ。』、『無限回廊』、『TOKYO JUNGLE』、『rain』といった作品はすべて山本正美氏がプロデューサーを務めている。

(画像は『勇者のくせになまいきだ。PSP the Best』 | ソフトウェアカタログ | プレイステーションより)
(画像はTOKYO JUNGLE | ソフトウェアカタログ | プレイステーションより)
(画像はrain | ソフトウェアカタログ | プレイステーションより)

 ほかにも『Bloodborne』『グラビティ・デイズ』『ソウル・サクリファイス』『フリーダムウォーズ』『トゥモローチルドレン』など、マーケティングやエグゼグティブ・プロデューサーとして多数の作品にクレジットされている。公式生放送「Jスタとあそぼう!」に出演していたり、電撃PlayStationでコラムを連載していたので、馴染み人も多いだろう。

 SIEジャパンスタジオは、2021年4月1日付けで再編成されることが明らかになっており、スタジ自体が「Team ASOBI!」に編入することとなった。それに関連して、『Bloodborne』のプロデューサーを務めた山際眞晃氏など多数のSIEジャパンスタジオスタッフが同社を退職したことをSNSアカウントなどで報告しており、今回の山本正美氏も退職したことが明らかになった形だ。

SIEジャパンスタジオが再編成により『アストロプレイルーム』開発の「Team ASOBI!」に編入へ。海外メディアに対しSIEが同スタジオの再編を認める

 山本氏は「前職SMEから含めるとソニーグループに25年。ファーストでの仕事は、ゲーム制作者として幸せに満ちたものでした。これも皆さんの応援のおかげです」とつづっており、ユーザーに感謝した。また「あ、今後はどんなPF(プラットフォーム)のゲームを作ってもいいんだ…すんごい不思議な感覚!」ともつづっており、ゲーム業界で仕事を続けることを示唆した。

 ユーザーからは「お疲れさまです。これからも応援しています」と山本氏の退社を惜しむ声が出ており、今後の山本氏の活躍に注目したいところだ。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ