ある男が犯罪から足を洗う最後の一日を描くアドベンチャー『Adios』発売。殺し屋となった旧友を説得し、犯罪と自分の人生のどちらかに「さよなら」がやってくる

 アメリカのカンザス州に拠点を置くゲーム開発会社Mischiefは、一人称視点のアドベンチャーゲーム『Adios』を発売した。対応プラットフォームはXbox OneとXbox Series X|S(Microsoft Store)、PC(SteamItch.io)。価格はXbox版2100円、PC版1840円で、Steamでの対応言語は英語のみと表記されている。

 『Adios』の主人公は、カンザス州のどこかで養豚業を営んでいる男性だ。彼は殺し屋をしている旧友に頼まれ、豚を使って死体を処理する手伝いをしていた。しかし10月のある朝、これ以上豚たちに汚れた仕事をさせないことを誓った。

 プレイヤーはそんな汚れ仕事から足を洗うと決めた男となり、人生の分岐点となる1日を過ごすことになる。殺し屋はいつものように部下を連れて養豚場にやってくる。カンザス州の豊かな自然の中で友人と過ごしながら、友人の間違いを正して自分の立てた誓いを貫き通そう。

 もし説得方法をまちがえると、友人はためらいなく銃を向けてくるだろう。一方トレイラーでは、主人公が友人に銃を向けるシーンもある。誓いを立てたその日が男の過ごす最後の日となるか、新しい人生が始まる最初の日になるか。すべてはプレイヤーの選択次第だ。複雑な選択を堅持することを描く、映画的な一人称視点ゲームとなっている。

(画像はSteam『Adios』より)
(画像はSteam『Adios』より)
(画像はSteam『Adios』より)

 はたして主人公は、人生と犯罪行為のどちらに「さよなら」を言うことになるだろうか。『Adios』はXboxコンソールとPCでそれぞれ2100円と1840円で販売中だ。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ