SFでもっとも権威ある「ヒューゴー賞」のビデオゲーム部門のノミネートが発表。『FF7リメイク』、『ハデス』、『The Last of Us: Part II』、『あつまれ どうぶつの森』などが最終候補に 

 世界SF協会は、第79回ヒューゴー賞のベストビデオゲーム部門の最終ノミネート作品を発表した。2021年12月15日(水)から19日(日)にワシントンDCで開催されるDisConIIIでの式典で受賞が発表される。ヒューゴー賞のビデオゲーム部門は特別カテゴリとして設置されたもので、今回限りとなる。

 最終候補作は以下の通り。

『あつまれ どうぶつの森』(任天堂)
『Blaseball』(The Game Band)
『ファイナルファンタジー7 リメイク』(スクウェア・エニックス)
『ハデス』(Supergiant Games)
『The Last of Us: Part II』(ソニーコンピューターエンタテイメント/Naughty Dog)
『Spiritfarer』(Thunder Lotus)

 1953年からはじまったヒューゴー賞は、SF関連の賞ではもっと長い歴史を持つ。SFファンの会員によって構成されている非営利団体・世界SF協会の投票によって受賞作品が決定される仕組みだ。

 ヒューゴー賞はビデオゲーム部門の恒常的なカテゴリとしてもっていないが、数年前から委員会によって検討がなされている。ヒューゴー賞には特別カテゴリを設置できる規約があり、2006年には「ベストインタラクティブビデオゲーム」というカテゴリを設定したが、関心がもたれなかったため最終候補から除外されていた。
 「ビデオゲーム部門は今回限りのもの」とヒューゴー賞は説明しているが、もし大きな関心が集まれば、恒常的なカテゴリとして設定されるかもしれない。

(画像は『Hades』より)
(画像はSpiritfarer| My Nintendo Storeより)
(画像はThe Last of Us Part II | PlayStationより)
(画像はPS Store『FINAL FANTASY VII REMAKE』より)

 一方でヒューゴー賞と同じくSF賞ではもっとも権威をもつ「ネビュラ賞」は、すでにビデオゲームのカテゴリを2018年に新設している。ヒューゴー賞がSFファンによる投票である一方で、ネビュラ賞は作家、編集者、評論家などで構成されるアメリカSFファンタジー作家協会で構成されている。

SFでもっとも権威ある「ネビュラ賞」ゲーム部門のノミネートが発表。今年は『Hades』『Spiritfarer』『Kentucky Route Zero』がノミネート

 ネビュラ賞と比較すると、野球シミュレーションゲーム『Blaseball』、6月24日(木)に日本語版が発売も決まったローグライク・アクション『Hades』、死者の魂を船で送るマネジメントゲーム『Spiritfarer(スピリットファラー)』の3作が両方ともノミネートされるという快挙をなしとげている。
 一方でネビュラ賞と違って『あつまれ どうぶつの森』『ファイナルファンタジー7 リメイク』『The Last of Us: Part II』という大手メーカーのタイトルが最終候補に残った形だ。

 第79回ヒューゴー賞のビデオゲーム部門の受賞結果は2021年12月15日(水)から19日(日)に発表だ。

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ