『サイバーパンク2077』発売から1ヶ月強で1370万本を売り上げる。一方でCD PROJEKT REDに直接返金が申請された本数は約3万件に

 CD PROJEKT REDは2020会計年度の決算報告にて、『サイバーパンク2077』が2020年に1370万本を売り上げたことを発表した。リリースは2020年11月19日のため、わずか1カ月と10日ほどのセールス記録となる。

 一方で『サイバーパンク2077』は発売直後からパフォーマンスが問題視され、CD PROJEKT REDによる返金プログラム「Help Me Refund」が施行されている。返金のためには約2億4000万円が費やされたことが明らかにされており、これをゲームの標準価格で単純に計算すると、返品されたのは約3万本という計算になる。

 同件を報じた海外メディアGamesIndustry.bizでは、CD PROJEKTの投資家向け広報担当者からのコメントが掲載。それによると、3万件という数字はあくまでCD PROJEKTにメールで問い合わせがあった件数なのだという。そのため、マイクロソフトやGame Stop、Best Buyなど小売店での返品は考慮していない。返品数は実際には3万本よりも多いと予想される。

(画像はCD PROJEKT IR公式Twitterアカウントより)

 CD PROJEKT IRの公式Twitterアカウントは、販売方法やプラットフォーム別の販売本数の割合も公表している。それによると、『サイバーパンク2077』の売り上げはダウンロード販売が73%、パッケージ版が27%と、ダウンロード版の割合がかなり大きいことがわかっている。プラットフォーム別には、PCとStadiaが全体の56%と半数を超え、PlayStation 4版は28%、Xbox One版が17%となった。

 大きな期待を背負って2020年11月に発売された『サイバーパンク2077』は、2020年でもっともローンチ時に問題を抱えたAAAタイトルだったと言っていいだろう。特にPlayStation 4やXbox Oneでのパフォーマンス問題は大きな問題となり、前述の通り最終的に公式の返金対応にまで発展した。

 その混乱の最中、PlayStaton Storeでは『サイバーパンク2077』のダウンロード版が販売停止になってしまう。復活しないまま現在まで4カ月が経ったが、「ストアにいつ復帰するかはソニー次第」とCD PROJEKT REDは公表している。

 またCD PROJEKTは、同件で株式市場での評価も失っており、ポーランドの経済新聞「Puls Biznesu」の制作した証券取引所の2020年年間最優秀企業ランキングでは、調査された120社中61位までランキングが落ち込んでいる。2019年は最優秀企業だけでなく、管理能力、イノベーション、投資家との関係でも1位だった。

(画像はCD PROJEKT IR公式Twitterアカウントより)

 『サイバーパンク2077』はローンチに大きな問題を抱えたにもかかわらず、CD PROJEKTは2020年の売り上げを約607億円、利益は328億円と発表した。現在はゲームを改善するパッチやDLC、そして何らかのオンライン要素を持ったゲームなどを開発中だと伝えている。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ