サイン入り「石原恒和社長」の『ポケモン』カードが約2700万円で落札。還暦祝いに配られた超レアカードは試合中1度だけ相手に1060のダメージを与え60回コイントスをする

 レアカードになると30万ドル以上で落札され、企業による投機の対象ともなる『ポケモンカードゲーム』。暴騰ともいえる値上がりを見せるポケモンカードで、またも大規模な取引があった。サイン入り「石原恒和社長」ポケモンカードが 24万7230ドル(約2700万円)で落札されたという

 このカードは株式会社ポケモンの社長である石原恒和氏の還暦のお祝いとして、従業員向けに配布されたカードだ。ピカチュウのイラストとともに社長のサインが入れられている。石原社長は『ポケモン』シリーズの総合プロデューサーでもあり、オークションサイトは「独創的なポケモンイノベーションの原動力」と氏の功績を表現している。

(画像はgoldin Auctionsより)

 このカードをゲームに使うプレイヤーはまずいないだろうが、カードの能力も確認しておこう。「赤いちゃんちゃんこ」(Red Chanchanko)は、すべての攻撃ダメージや効果、技、トレーナーカードの効果を受けない能力だ。

 さらに、1回のゲームで1度しか使えないGX技として、1060ダメージを与える「60歳おめでとう!GX」(60 Congratulations! GX)を持つ。なお、60回コイントスをし、表がでた数だけプレゼントがもらえる副次効果付きだ。

 これまででもっとも高額なポケモンカードは、2021年1月に36万ドルで落札された「カメックス」のカードだ。3月には「リザードン」のカードが31万ドルで落札された。

(画像はgoldin Auctionsより)

 高価なポケモンカードはパロディーの対象ともなっている。人気ストリーマーのJerma985氏は、「おじいちゃんが隠した宝物を発掘する」というドキュメンタリー風コメディードラマで、ガラクタの山から「コレクタブルモンスターカードパック」を発見するというていの映像を投稿。『ポケモンカードゲーム』かと期待して開けると、まったく違うカードがでてくるというギャグを披露している

 昔買ってそのままだったものを偶然見つけ、それが大変高額で落札されたという夢のある話は、ゲームのオークションでもたびたび耳にする。夢はあるが、期待して物置を掃除しても、家が片付く以上のリターンは得られない人の方が多いだろう。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ