フロム・ソフトウェアから公式ライセンスのグッズを作っているアパレルブランド「TORCH TORCH」ディレクター原田隼氏のドキュメンタリーが公開。アクセサリー作りの真髄を語る

 Archipelは、アパレルブランド「TORCH TORCH」のディレクター・デザイナーで、キャラクターショップ「豆魚雷」の商品企画開発をしている原田隼氏を取材したドキュメンタリーを公開した。

 原田隼氏は『ダークソウル』『Bloodborne』、『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』などのフロム・ソフトウェアのゲームや、『The Last of Us』などのフィギュア、シルバーアクセサリーを制作して国際的に評価を得ている人物。質感含めてゲームに登場するアイテムを手掛けている。

 ドキュメンタリーでは、アパレルブランド「TORCH TORCH」が生まれたきっかけからはじまり、フロム・ソフトウェアのゲームに出てくるアイテムやモンスターのデザインを原田氏が語っている。原田氏いわく、フロム・ソフトウェアのデザインは「純粋芸術に近いような気配」「画家の画集を読んでいるようなムード」を強く感じるという。

(画像はYouTube「Shun Harada – the game goods maker | 原田隼 – ゲームグッズ作りの舞台裏」より)
(画像はYouTube「Shun Harada – the game goods maker | 原田隼 – ゲームグッズ作りの舞台裏」より)
(画像はYouTube「Shun Harada – the game goods maker | 原田隼 – ゲームグッズ作りの舞台裏」より)
(画像はYouTube「Shun Harada – the game goods maker | 原田隼 – ゲームグッズ作りの舞台裏」より)

 こうして原田氏は、フロム・ソフトウェアに惚れ込み、公式ライセンスのTシャツを制作。しかし『ダークソウルIII』をプレイしたとき、原田氏に転機が訪れる。『ダークソウル』、『ダークソウルII』で小さく表示されていたアイテムが、『ダークソウルIII』では大く表示されているのを見て「指輪がかっこいい」と思ったのだという。

 もともと原田氏は、日本のキャラクターリングの草分けのアクセサリーメーカー「JAP工房」の大ファンだったので、自分でもキャラクターリングを制作することを決意。

 原田氏はそこから試行錯誤した数々のアクセサリーは、ゲームのファンからは絶大に支持されている。特に『ダークソウル』シリーズすべてに登場する「緑花の指輪」は、最初に作りたかったが、あまりにも構造が大変だったため一端、諦めたという。しかしそこから制作を再開して、現在では商品化に至っている。

 他にもドキュメンタリーではフロム・ソフトウェア以外にも、『The Last of Us』のノーティドッグのエピソードが語られたり、アクセサリー、フィギュア作りの真髄が語られている。気になった人はドキュメンタリーを見てはいかがだろうか。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ