任天堂、ゲームプログラミングを学べるNintendo Switch向けソフト『ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング』発表。6月11日に発売へ

 任天堂は、Nintendo Switch向けタイトル『ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング』(以下、『はじめてゲームプログラミング』)を6月11日に発売すると発表した。価格はパッケージ版が3480円(税込)、ダウンロード版が2980円(税込)。

 「任天堂の開発室から生まれたプログラミングソフト」と銘打たれた同タイトルは、Nintendo Switchの中に暮らす不思議な生き物「ノードン」を繋げていくことでゲームプログラミングが楽しめるという内容。スティックの倒された量や向きを出力する「スティックノードン」や、ゲーム画面にヒトを登場させっる「ヒトノードン」などが登場し、これらを実際のゲーム開発のノードと同様に組み合わせていくことになる。

 ゲームモードはプログラミングを体験する「ナビつきレッスン」があり、レッスンの疑問を解決する「ノードンガイド」、レッスンの内容が理解できたかを確かめる「チェックポイン」でプログラミングを学んでいくことが可能だ。

 また「フリープログラミング」は、自分で描いたキャラクターを操作できるようにしたり、背景やBGMを付けたりして、自分だけのゲームを自由に作るモード。作成したゲームはインターネット上(Nintendo Switch Onlineへの加入が必要)やローカル通信で公開できる。

 なおコントローラーを使ったスティック操作やジャイロ操作のほか、本作はタッチ操作、さらにTVモードでは市販のUSBマウスを使ってプログラミングすることができるという。

 また、パッケージ版にはゲームをプレイしていないときにもノードンの機能や使い方を確認できるカード「ノードンふりかえりカード」が付属しており、マイニンテンドーストアでは単品でも販売されるとのこと。

文/ishigenn

編集
ニュースから企画まで幅広く執筆予定の編集部デスク。ペーペーのフリーライター時代からゲーム情報サイト「AUTOMATON」の二代目編集長を経て電ファミニコゲーマーにたどり着く。「インディーとか洋ゲーばっかりやってるんでしょ?」とよく言われるが、和ゲーもソシャゲもレトロも楽しくたしなむ雑食派。
Twitter:@ishigenn
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ