対戦シューティングゲーム『VALORANT』にて、チーム全員が同じキャラクターで戦う期間限定モード実装。1試合の時間も短いカジュアルな遊びの場

 合同会社ライアットゲームズは、PC(Windows)向けに配信中の一人称視点シューティング(FPS)ゲーム『VALORANT(ヴァロラント)』にて、チームメンバー全員が同じキャラクターを使って戦う期間限定モード「レプリケーション」を実装すると発表した。プレイ可能な期間は5月12日(水)から5月25日(火)まで。

 今回配信される「レプリケーション」モードは全9ラウンド。相手チームの全滅「スパイク」と呼ばれる爆弾の起爆あるいは解除で先に5ラウンドを獲得したチームが勝利となる。本作の基本的なルールである「アンレート」と大きく異なる点は、チーム全員が試合前の投票で選ばれたキャラクターを使用する点と、1ラウンドの制限時間が100秒(1分40秒)から80秒(1分20秒)へ短縮されている点のふたつだ。

 『VALORANT』にはトラップや視界の妨害など、異なる能力を持ったキャラクターたちが存在する一方、試合開始前に誰かが選んだキャラクターをほかのチームメンバーが選択できない仕様となっていた。発表によれば、今回の「レプリケーション」ルールではよりカジュアルでユニークな遊びの場を提供する目的があるようだ。

※2021年4月に公開されたトッププロによるキャラクター活用の紹介映像

 なお、5月25日(火)の配信終了後は一定期間ごとに期間限定モードが入れ替わる「モードローテーションストラテジー(仮称)」が配信されるという。詳細は近日明らかになるようなので、プレイヤーの方は続報を待ってみてほしい。

 「レプリケーション」ルールの詳細を含むリリース文は以下のとおり。

タクティカルFPSゲーム『VALORANT』の新ゲームモード
「レプリケーション」が2021年5月12日(水)より期間限定で実装

Riot Games, Inc.(米国)の日本法人である合同会社ライアットゲームズ(港区六本木、社長/CEO:小宮山 真司)は、タクティカルFPSゲーム『VALORANT(ヴァロラント)』において、同じチームの全プライヤーが同じエージェントを使用する新ゲームモード「レプリケーション」を2021年5月12日(水)から2021年5月25日(火)までの期間限定で実装することをお知らせします。

新ゲームモード「レプリケーション」は、アンレートと同じルールです。ただし、同じチームの全プレイヤーが同じエージェントを使います。獲得クレジットは毎ラウンドで固定、5ラウンド先取したチームの勝利となります。

「レプリケーション」の目標は、『VALORANT』をよりカジュアルに楽しめる場を用意するとともに、斬新さとユニークさを感じられるゲーム体験を提供することにあります。普段と違ったゲームプレイをソロキューで味わうことができ、カジュアルプレイヤーが楽しみやすいモードとなっています。また、深い戦略性を秘め、通常のルールでは実現しえないプレイを探求できるため、ミッドコアなプレイヤーにとっても魅力的なモードとなるはずです。

なお、一時的に「エスカレーション」が「レプリケーション」に置き換えられます。「レプリケーション」が終了した後は、「モードローテーションストラテジー」(仮名)に移行する予定です。これは、既存のゲームモードを一定期間プレイ可能にし、その期間が終了次第、別の既存モードがプレイ可能になるという仕組みです。「モードローテーションストラテジー」に関する詳細情報は、近日中の公開を予定しております。

■「レプリケーション」ルール詳細

・9ラウンド勝負で5ラウンド先取したチームの勝利
・ルールはアンレートと同じ、ただし試合時間の調整あり
・1ラウンドの時間は80秒
・購入フェーズはピストルラウンドが45秒、それ以降は30秒
・同じチームの全プレイヤーが同じエージェントを使用
・使用エージェントは試合前の投票で決定される
・アビリティー(アルティメットを除く)は、毎ラウンドで回復
・プレイヤーは各ラウンド(延長戦を除く)の開始時に、ULTポイントを1ポイント獲得
・プレイヤーは勝敗に関係なく、ラウンドごとに一定額のクレジットを獲得

<ラウンドごとのクレジット額>
■ 900
■ 2400
■ 3900
■ 6000

・銃/シールドはラウンドごとにリセット
・4秒間に2度フラッシュを受けたプレイヤーは、視界を奪われなくなる「フラッシュガード」(効果時間:5秒)を獲得
・XPの獲得量はアンレートと同じ
プレイしたラウンドごとに100XP
ラウンドに勝利するごとに追加で200XP

■ライアットゲームズについて

ライアットゲームズは世界でもっともプレイヤーに焦点を当てたゲームの開発、パブリッシング、プレイヤーサポートの提供を目指し、2006年に創設されました。ライアットは2009年にデビュー作となる『リーグ・オブ・レジェンド(LoL)』をリリースし、世界中で高い評価を獲得しました。本作は世界中でもっとも多くプレイされているPCゲームとなり、eスポーツの爆発的な成長の主要な牽引役となっています。

LoLが誕生から10年を迎えた今、ライアットは本作の進化を続けながらも、プレイヤーに新たなゲーム体験を提供できるよう、『チームファイト タクティクス』、『レジェンド・オブ・ルーンテラ』、『VALORANT』、『リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト』、その他にも複数のタイトルで開発を進めています。また、音楽やコミックブック、テレビなどのマルチメディアプロジェクトを通して、ルーンテラの世界の探索を続けています。さらにライアットは、パブリッシングを手掛ける系列会社Riot Forge(ライアットフォージ)を立ち上げました。Riot Forgeはサードパーティーのデベロッパーと連携し、LoLの世界を舞台にした新たなゲームの開発を行っています。Riot Forgeにとって第一作目となるRuined
King: A League of Legends Story』は、Airship Syndicate社を開発に迎えたターン性のロールプレイングゲーム(RPG)となっています。

ブランドン・ベックとマーク・メリルによって創設され、ニコロ・ローレンCEOが率いるライアットは、カリフォルニア州ロサンゼルスに本社を置き、世界20以上の地域に展開されたオフィスで3000人のライアターが働いています。

関連リンク:
ライアットゲームズ公式サイト: https://www.riotgames.com/ja
Riot Games Japan 公式Twitter: https://twitter.com/riotgamesjapan

■VALORANT Champions Tourについて

Twitchで170万人以上の最高同時視聴者数を達成し、記録を更新したクローズドベータの後、VALORANTは2020年で最も急成長を遂げているeスポーツとしての地位をすぐさま確立しました。そしてライアットゲームズはVALORANTの競技シーンをサポートするため、1年を通して開催される「VALORANT Champions Tour」を立ち上げました。同ツアーには、「Challengers」、「Masters」、「Champions」の3ステージが設けられています。各地域で催される「Challengers」を勝ち抜いたチームは、国際大会である「Masters」の参加資格を得て、さらに「Champions」への出場を目指すことになります。「Champions」は2週間かけて開催される長期間のトーナメントで、1チームのみがVALORANTの世界チャンピオンとしての栄光を手にすることになります。シーズンごとに行われる競技ツアーでは、北アメリカ、南アメリカ、ヨーロッパ、アジア、オーストラリアの各地域で大会が開催されます。

公式サイト:https://valorantesports.tokyo/
公式 Twitter:https://twitter.com/valesports_jp

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ