Ubisoftは今後ハイエンドな基本無料タイトルリリースも継続して行う。毎年3、4本のAAAタイトルをリリースする戦略から変更し、AAAと基本無料タイトルリリースを両立

 Ubisoftは通期業績報告会にて、毎年3、4本のAAAタイトルをリリースする戦略を取りやめ、大手フランチャイズでハイエンドな基本無料タイトルもリリースすると発表した。海外メディアVideo Games Chronicleが報じている。

(画像はUbisoft公式サイトより)

 Ubisoftのチーフ・ファイナンシャル・オフィサーであるフレデリック・デュゲ氏は、以下のように語っている。まとめると、AAAに匹敵する期待値のある基本無料ゲームを、AAAタイトルとともに提供するという意向のようだ。

 先日発表された『Tom Clancy’s The Division』のスピンオフタイトル『Tom Clancy’s The Division: Heartland』や『Tom Clancy’s The Division Mobile』のように、育てたIPを基本無料タイトルとしてリリースし、より広いオーディエンスにリーチすることを目指す。

「多様性を増した当社の高品質なラインナップの進化に伴い、プレミアムAAAタイトルを年に3、4本リリースするという前言を撤回します」
「これは、もはや当社の価値創造のダイナミクスを適切に示すものではありません。例えば、『Just Dance』や『Riders Republic』に対する当社の期待値は、業界のいくつかのAAAパフォーマーと一致しています」
「さらに、当社はハイエンドの基本無料ゲームを制作しており、長期的にはAAAの大望に向かっている傾向があります」
「これは、純粋に財務コミュニケーションの進化であり、強力なプレミアムおよび基本無料の新作を含む、高頻度のコンテンツ配信を期待していることは引き続き変わりはありません」

Video Games Chronicleより

 デュゲ氏は2020年にリリースされた『Hyper Scape』や2018年に買収した『Brawlhalla』運営から基本無料ゲームについて多くのことを学び、これから発売する予定の『Roller Champions』でも学んでいるという。

(画像はEpic Games Store『Hyper Scape』より)

 AAAタイトルと同じように基本無料タイトルに軸足を移すことを示すように、デュゲ氏はクリスマスシーズンを含む下半期に発売するAAAタイトルはないと語った。9月30日までに『Far Cry 6』と『Rainbow Six Quarantine』、さらに『Riders Republic』、『The Division Heartland』、『Roller Champions』が発売されるとしている。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ