『天穂のサクナヒメ』が世界累計で出荷本数95万本を突破。米作りが話題となり昨年11月からの発売でヒットを記録

 マーベラスは2021年3月期の決算を発表し、その中で『天穂のサクナヒメ』が世界累計出荷本数95万本を突破したことを明らかにした。また『牧場物語 オリーブタウンと希望の大地』が世界累計出荷本数70万本を突破したことも伝えられている。

(画像は2021年3月期 決算説明資料(PDF)より)

 『天穂のサクナヒメ』は2020年11月12日に発売されたアクションRPG。舞台は東方の国、ヤナト。武神と豊穣神を両親に持つサクナは、ある日、人間を神界に侵入させてしまった失態を犯し、罰として鬼が支配する「ヒノエ島」に人間たちと共に調査を命じられた。こうしてサクナは人間たちと共に食糧である米づくりをしながら、鬼退治をするのであった。

 とくに米づくりは田起こし、種籾(たねもみ)の選別、種籾を苗になるまで育てたり、田植えをした上で水量を調節したり、雑草を排除したりと、緻密なシミュレーション内容が話題に。日本古来の米づくりを再現したとして大きな反響を呼び、パッケージ版が売り切れるになる店舗が続出した。日本農業新聞に取り上げられたり、農林水産省の情報サイトで特集をされるなど、従来のゲームにはない反応があった。

 この『天穂のサクナヒメ』が2021年3月末時点で世界累計出荷本数で95万本を突破。100万の大台まで残り5万本となった。

(画像は天穂のサクナヒメ ダウンロード版 | My Nintendo Store(マイニンテンドーストア)より)
(画像は牧場物語 オリーブタウンと希望の大地 ダウンロード版 | My Nintendo Store(マイニンテンドーストア)より)

 また出荷本数が70万本を突破した『牧場物語 オリーブタウンと希望の大地』は、今年2月25日に発売された牧場シミュレーションゲームで、さまざまな出会いを通じて、作物や畜産物を育ててスローライフを楽しむことができる25周年を迎えるシリーズ最新作だ。

 発売当初は、不具合の多さ、ロード時間の長さ、システムの不便さ、テキストの淡白さなどユーザーから不評の声が続出し、プロデューサーが陳謝する事態となった。一方で同時にアップデートでの改善を約束し、4月6日にはVer.1.0.4が配信されロード時間の短縮や不具合の修正などが行われた。

 次に予定されているVer.1.0.5では、いくつかの仕様変更に加え、新しいシナリオライターを起用して、恋愛候補のすべてのキャラクターを対象とした通常会話テキストを修正・追加をする予定だという。こうしたアップデートによって、ユーザーの信頼も少しずつ取り戻していっているようだ。

 『天穂のサクナヒメ』はPS4、Nintendo Switch、PC(Steam)で発売中、『牧場物語 オリーブタウンと希望の大地』はNintendo Switchで発売中だ。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ