『THE KING OF FIGHTERS』より人気キャラクター「不知火舞」が54センチの大型フィギュア化。ストアが「大きすぎて国際発送できないかも」というほどの日本一ぶり

 『THE KING OF FIGHTERS』(以下、KOF)の人気キャラクター「不知火舞」の全長54センチに及ぶ大型フィギュアが、海外ストアにて予約販売を開始している。この1/4不知火舞フィギュアの価格は1050ドル(約11万5000円)。2021年第4四半期発売ということで、発送は年末になりそうだ。

 本人の造形も力が入れられているが、鳥居をもしたスタンドと彼女のトレードマークでもある炎がクリアパーツで再現されており、値段に見合う豪華な仕様になっている。フィギュアを販売するBig Bad Toy Storeは国際発送にも対応するが、「大きすぎて発送できないかもしれません」としている。

(画像はBig Bad Toy Storeより)

 不知火舞は1992年の『餓狼伝説2』からSNKの格闘ゲームに登場し、現在は主に『KOF』シリーズに登場している。不知火流忍術を使うくノ一で、扇子や炎を操って戦う。

 フィギュアは『THE KING OF FIGHTERS XIII』の不知火舞となっている。ほとんどのシリーズに出場していた彼女は、2003年稼働の『THE KING OF FIGHTERS 2003』を最後に2010年稼働の『THE KING OF FIGHTERS XIII』まで出場していなかった(PlayStation 2版『THE KING OF FIGHTERS XI』の隠しキャラとしては登場)。

 『THE KING OF FIGHTERS XIII』の不知火舞は面長の大人びた美女。フィギュアもかなり大人びた表情をしており、たしかに『KOF XIII』の不知火舞を思わせる

 フィギュアを見ても分かるとおり、『餓狼伝説2』で初登場時から露出の高い衣装を着ており、無数のファンを獲得しながらも「使うのが恥ずかしい」ともいわれてきたキャラだ。今ではそのような声が聞こえることも少なくなったようだが、『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』に露出度の高さが原因で参加できなかったと再び脚光を浴びた。よい子の「CERO A」をくぐり抜けるには、彼女の露出は高すぎた。

(画像はBig Bad Toy Storeより)
(画像はBig Bad Toy Storeより)
(画像はBig Bad Toy Storeより)

 1/4不知火舞フィギュアは2021年第4四半期発売予定。価格は1050ドルだ。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ