崩壊した世界の地下鉄駅でミュータントの攻撃を耐えしのぎながら生き延びる横スクストラテジー『Until We Die』6月4日発売。日本語にも対応した体験版が配信中

 Pixeye Gamesは、横スクロールのストラテジーゲーム『Until We Die』を発表した。6月4日(金)の発売予定で対応プラットフォームはPC(Steam)。日本語にも対応しているが、価格は未発表だ。

 Steamページでは、最初の7日間が楽しめる体験版も配信中で、こちらも日本語化されている。

 『Until We Die』は、隕石による崩壊後の世界を舞台にモスクワの地下鉄構内でサバイバルするゲームだ。プレイヤーは人々が暮らす駅を指導するイヴァンとして、迫り来るミュータントの攻撃を撃退し、30日間駅を守らなければならない。

 最初こそ襲ってくるミュータントは小さな群れだが、時間が経過するごとに群れは成長していく。主人公イヴァンが死ぬか、駅の心臓である発電機が破壊されればゲームオーバーだ。つまり、このふたつを守り切れば、ほかのキャラクターの生死は勝敗に関係ないということだ。

 とはいえ、ひとりで生き残るのは不可能。イヴァンとして駅を走り回り、ほかのキャラクターに指示を出してさまざまなことをさせなければならない。NPCに最先端のAIは搭載されておらず、彼らは効率的な行動を知らない怠け者だ。

 彼らの尻を蹴り上げ、防壁を築いたり、技術を研究して防壁を強化したり、地表に探索隊を出したり、ミュータントの巣を攻撃して新しい領土を確保したり、農場やテントを作ったり、木箱から資源を集めたり、きのこやほかのあらゆる食べられそうなものを集めたり、生き残るためあらゆる努力をさせよう。

(画像は『Until We Die』体験版より)
(画像はSteam『Until We Die』より)
(画像はSteam『Until We Die』より)
(画像は『Until We Die』体験版より)

 2Dピクセルアートが美しいストラテジーゲーム『Until We Die』は、6月4日(金)発売予定。ゲームに興味があれば、まずは体験版を遊んでみてゲームの内容を確認してほしい。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ