『Dead by Daylight』の『バイオハザード』コラボDLCが6月16日リリース決定。レオンとジルとネメシスが登場し、新マップラクーンシティ警察では初のAIキラーゾンビが徘徊する

 カナダのBehaviour Interactiveが開発する4対1の非対称マルチプレイホラーゲーム『Dead by Daylight』が、5周年を記念した『バイオハザード』シリーズとのコラボ内容を正式発表した。日本時間6月16日(水)にリリース予定で対応プラットフォームはNintendo Switch、PlayStation 4、PlayStation 5、Steam、Microsoft Store、Xbox One、Xbox Series X|S。価格は1220円だ。

 生存者として「レオン・S・ケネディ」「ジル・バレンタイン」、新殺人鬼として「ネメシス」が登場し、新たなマップとして「ラクーンシティ警察署」が追加される。ラクーンシティ警察署には、シリーズで初めてAI操作のキラー「ゾンビ」が登場。生存者はプレイヤーが操作するキラーだけでなく、マップ内を徘徊するゾンビにも注意を払わなければならない。

 リリース文にて、『バイオハザード』コラボキャラクターの性能が一部明かされている。レオンは「フラッシュバン」を持っており、キラーの注意をそらしたり、視界を一時奪ったりできる。また、発電機の修理を特定の割合まで進めると、レオンはロッカーに隠れて、フラッシュグレネードを作れるようになる。

 宿敵であるネメシスは、触手を使って生存者を追い詰める。触手は生存者を感染させ、感染が増加するほどに触手の射程距離が伸びてネメシス自体も強力になる。一方、生存者はマップ内に点在するワクチンを使い、ほかの生存者の感染を治癒できる。感染の拡大が勝敗を分けそうだ。

『Dead by Daylight』の『バイオハザード』コラボDLCが6月16日リリース決定。レオンとジルとネメシスが登場し、新マップラクーンシティ警察では初のAIキラーゾンビが徘徊する_001
(画像は『Dead by Daylight』公式サイトより)
『Dead by Daylight』の『バイオハザード』コラボDLCが6月16日リリース決定。レオンとジルとネメシスが登場し、新マップラクーンシティ警察では初のAIキラーゾンビが徘徊する_002
(画像は『Dead by Daylight』公式サイトより)
『Dead by Daylight』の『バイオハザード』コラボDLCが6月16日リリース決定。レオンとジルとネメシスが登場し、新マップラクーンシティ警察では初のAIキラーゾンビが徘徊する_003
(画像は『Dead by Daylight』公式サイトより)
『Dead by Daylight』の『バイオハザード』コラボDLCが6月16日リリース決定。レオンとジルとネメシスが登場し、新マップラクーンシティ警察では初のAIキラーゾンビが徘徊する_004
(画像は『Dead by Daylight』公式サイトより)

 『Dead by Daylight』の『バイオハザード』コラボDLCは6月16日発売予定。Steam版にて5月26日午前3時15分ごろより、このコラボDLCをテストするパブリックテストビルドサーバーも解放予定だ。


ライター
『Dead by Daylight』の『バイオハザード』コラボDLCが6月16日リリース決定。レオンとジルとネメシスが登場し、新マップラクーンシティ警察では初のAIキラーゾンビが徘徊する_005
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ