『クレヨンしんちゃん「オラと博士の夏休み」~おわらない七日間の旅~』店頭用PVが公開。子ども記者としてスクープ写真を激写、友達と一緒に「恐竜バトル」を楽しむ要素も

 ネオスは、7月15日(木)に発売するNintendo Switch用ソフト『クレヨンしんちゃん「オラと博士の夏休み」~おわらない七日間の旅~』の店頭用プロモーションビデオ「自然豊かな町「アッソー」での生活」を公開した。価格はいずれも税込で通常版がパッケージ・ダウンロードともに6580円、数量限定のプレミアムボックスは8980円。

 『クレヨンしんちゃん「オラと博士の夏休み」~おわらない七日間の旅~』はアニメ『クレヨンしんちゃん』を題材とした夏休みの一週間を描くスローライフ・シミュレーター。しんちゃんと野原一家は、熊本にある小さな町「アッソー」で過ごすことになり、そこで町の人と交流をしながら夏休みの日々を送る。

 今回、公開された店頭用PVでは、より具体的なゲームの内容がわかるものとなっている。まず本作には虫や魚を捕まえてコレクションができる「いきもの図鑑」や、ガーデニングができる要素があり、とうがらしやニンジン。トマトなどの作物を育てることができる。こうした魚や作物は、食道やスーパーの「おつかい」として納品することが可能で、おつかいが完了すると、おこづかいをもらうことができる。

 また町にある新聞社では「子ども記者」となって、スクープ写真を撮ることが可能で、家族や町の人たちが親睦している様子を撮ると、おこづかいがもらえるだけでなく、新聞社が活気を取り戻していくという。アッソーの町では不思議な遺跡があったり、恐竜の化石が出るようで、こうした古代のミステリーを知るきっかけとなりそうだ。

(画像は『クレヨンしんちゃん「オラと博士の夏休み」~おわらない七日間の旅~』店頭PV【自然豊かな町「アッソー」での生活】より)
(画像は『クレヨンしんちゃん「オラと博士の夏休み」~おわらない七日間の旅~』店頭PV【自然豊かな町「アッソー」での生活】より)
(画像は『クレヨンしんちゃん「オラと博士の夏休み」~おわらない七日間の旅~』店頭PV【自然豊かな町「アッソー」での生活】より)
(画像は『クレヨンしんちゃん「オラと博士の夏休み」~おわらない七日間の旅~』店頭PV【自然豊かな町「アッソー」での生活】より)

 こうしたおこづかいで使って、スーパーでチョコビを買うと「恐竜カード」がもらえる。この恐竜カードを使って、友達と白熱した「恐竜バトル」を楽しむことができる。

 これらの1日の行動は絵日記として記録され、後で振り返ることができるようだ。本作は『ぼくのなつやすみ』シリーズの監督であるゲームクリエイターである綾部和氏が手掛けており、まるでアニメ『クレヨンしんちゃん』の世界がそのままゲームになったようなグラフィックが特徴。静かで優しい時間が流れるスローライフな日々をゲームのなかで過ごせそうだ。

 『クレヨンしんちゃん「オラと博士の夏休み」~おわらない七日間の旅~』は7月15日(木)発売予定だ。

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ