クランク付きの携帯ゲーム機「Playdate」の予約が7月末開始。『塊魂』の高橋慶太氏や「壺男」のベネット・フォディ氏、『Return of the Obra Dinn』のルーカス・ポープ氏の新作が遊べる

 ゲームパブリッシャーのパニック・ジャパンは、クランク付きの携帯ゲーム機「Playdate」の予約を7月末に開始すると発表した。価格は179ドル(1万9600円)で送料別。最初に2万個を生産し、2021年後半に発送される予定だ。予定数を上回った場合は2022年に生産するとしている。

 またYouTubeに公開した動画にて、収録される新作ゲームやアクセサリーなども紹介している。

 「Playdate」は手で回すクランクがついた黄色い筐体の携帯ゲーム機だ。このクランクもコントローラーになっており、前後に回すことで操作するゲームも多数登場予定だ。

 カートリッジやダウンロードストアなどからゲームを買うのではなく、1シーズンごとに毎週ゲームが一定本数リリースされる珍しいシステムを取っている。シーズン1は、リリース後に毎週2本、全24本のゲームが配信予定。

 シーズン1配信ゲームは、『塊魂』シリーズの高橋慶太氏が中心となって製作する『Crankin’s Time Travel Adventure』、『QWOP』や壺男こと『Getting Over It with Bennett Foddy』のベネット・フォディ氏の作る『Zipper』、京都に拠点を置くChuhai Labsの『Whitewater Wipeout』、『Return of the Obra Dinn』のルーカス・ポープ氏の『Mars After Midnight』など。

 ポープ氏は開発ログを公開し、ゲーム機の小ささを生かした「窓をのぞき込むゲーム」というコンセプトを明かしている。

 ゲーム機本体はグローバル仕様だが、対応言語は今のところ英語のみ。そのため、本体に収録されるゲームも基本的に英語版となるだろう。

 また、シーズンで配信されるゲーム以外にもゲームの配信が予定されており、無料でダウンロードできる開発キットも近日公開予定となっている。シーズン1が終わった時点でわずか24本のゲームがプレイできるだけ、ということにはならないようだ。

 本体用のアクセサリーも発表された。ステレオBluetoothスピーカーやペン立てにもなる充電ドック、ゲーム機本体を保護するカバーがリリース予定だ。

 「Playdate」は7月末予約開始。2021年末には最初の生産分が発送予定となっている。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ