映画『ジュラシック・パーク』を題材にしたシミュレーションゲーム『ジュラシック・ワールド・エボリューション2』が発表。日本語に対応。2021年後半に発売へ

 日本時間6月11日(金)に開催されたゲーム情報番組「Summer Game Fest 2021」にて、映画『ジュラシック・パーク』を題材にした経営シミュレーションゲーム『ジュラシック・ワールド・エボリューション2』が発表された。

 プラットフォームはPS4、PS5、Xbox One、Xbox Series X|S、PC(Steam、Epic Games Store)。2021年後半に発売予定。日本語に対応している。

 『ジュラシック・ワールド・エボリューション2』は、2018年に発売された恐竜パーク経営シミュレーション『ジュラシック・ワールド・エボリューション』の続編。

 プレイヤーは恐竜パークの責任者となり、ムエルテス諸島で絶滅した恐竜たちを生物工学を駆使して管理する。蘇らせた恐竜を飼育、展示して資金を集めてパークを拡大していくのが目的だ。この続編ではムエルテス諸島の枠を超えてパークを建設することが可能となり、75種類以上の有志以前の生物たちを飼育することが可能となる。

(画像はYouTube「SUMMER GAME FEST」より)
(画像はYouTube「SUMMER GAME FEST」より)
(画像はYouTube「SUMMER GAME FEST」より)
(画像はYouTube「SUMMER GAME FEST」より)

 キャンペーンモードでは、映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の直後が舞台となり、映画の世界観を再現しつつ、オリジナルストーリーが展開。イアン・マルコム博士(声:ジェフ・ゴールドブラム)、クレア・デアリング(声:ブライス・ダラス・ハワード)など、映画に登場するキャラクターたちと共に、恐竜の管理、保護、抑制のための活動をすることができる。

 『ジュラシック・ワールド・エボリューション2』は日本語にも対応。恐竜好きにはたまらない内容となっていそうなので、気になった人は各ストアにて、ウィッシュリストに追加してみてはいかがだろうか。

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ