軍事シミュレーションゲーム『ゲームボーイウォーズアドバンス』のリメイク版『Advance Wars』海外でNintendo Switch向けに12月3日発売へ。2001年に発売された『ファミコンウォーズ』系譜作品

 Nintendo of Americaは、シミュレーションゲーム『Advance Wars 1+2: Re-Boot Camp』を2021年12月3日にNintendo Switchで発売すると海外向けに発表した。価格は59.99ドル。

 『Advance Wars』とは、2001年にゲームボーイアドバンス向けに国内外でリリースされた『ゲームボーイウォーズアドバンス』の海外版の名称。プレイヤーは指揮官となってターンベースで軍隊を指揮し、敵の部隊を倒したり基地を占拠したりして勝利を目指す。 1988年から続く『ファミコンウォーズ』シリーズの系譜の作品で、とくに海外で人気が根強いタイトルとなっている。

 今回発表された作品は、そんな初代『Advance Wars』と続編の『Advance Wars 2: Black Hole Rising』のふたつのキャンペーンを収録したリメイク作となっている。プレイヤーはユニット修理能力を持つアンディ、部隊能力を高めるサミといった異なる能力を持つ司令官を選択してプレイが可能だ。

 このほかマルチプレイの対戦モードを収録しており、最大4人のプレイヤーで数十種類のマップ場上にて戦うことができる。「戦場の霧」のオプションや基地ごとの資金といったオプションも設定可能となっている。

(画像は任天堂 『Advance Wars 1+2: Re-Boot Camp』より)
(画像は任天堂 『Advance Wars 1+2: Re-Boot Camp』より)
(画像は任天堂 『Advance Wars 1+2: Re-Boot Camp』より)
(画像は任天堂 『Advance Wars 1+2: Re-Boot Camp』より)
(画像は任天堂 『Advance Wars 1+2: Re-Boot Camp』より)

 なお、現時点で『Advance Wars 1+2: Re-Boot Camp』は日本語圏向けには発表されていないため、注意された。同作は海外のNintendo Switch向けに12月3日リリース予定となっている。

文/ishigenn

編集
ニュースから企画まで幅広く執筆予定の編集部デスク。ペーペーのフリーライター時代からゲーム情報サイト「AUTOMATON」の二代目編集長を経て電ファミニコゲーマーにたどり着く。「インディーとか洋ゲーばっかりやってるんでしょ?」とよく言われるが、和ゲーもソシャゲもレトロも楽しくたしなむ雑食派。
Twitter:@ishigenn
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ