人類、ついに「2段ジャンプ」に成功? MLBのフェルナンド・タティスJr.選手のスーパープレーが「2段ジャンプ」ではないかと海外で話題に

【7/08 20:33】記事初公開時、文中で『大魔界村』と記載していたましたが、『超魔界村』の誤りです。お詫びして訂正いたします。

 MLB(メジャーリーグベースボール)のサンディエゴ・パドレスに所属している、フェルナンド・タティスJr.選手が見せたファインプレーが「2段ジャンプ」ではないかと海外で話題になっている。

 サンディエゴ・パドレス公式YouTubeチャンネルでは、「フェルナンド・タティスJr.は2段ジャンプをしたのか??」というタイトルで、このスーパープレーの瞬間の動画を投稿している。

 野球ファンの間で話題となっているのは、現地時間7月5日に行われたワシントン・ナショナルズとサンディエゴ・パドレスの間で行われた試合。

 8回の場面で、ワシントン・ナショナルズのライアン・ジマーマン選手がライナーを放ち、ショートを守るタティスJr.選手がジャンプしてキャッチしようとするが、高さが足りない。頭上を越えてクリーンヒットかと思いきや、タティスJr.選手は2段ジャンプをするかのように空中を蹴り、ボールを見事にキャッチした。

(画像はYouTube「Did Fernando Tatis Jr. double jump??」より)
(画像はYouTube「Did Fernando Tatis Jr. double jump??」より)
(画像はYouTube「Did Fernando Tatis Jr. double jump??」より)
(画像はYouTube「Did Fernando Tatis Jr. double jump??」より)

 なお「2段ジャンプ」とは、ビデオゲームにおいて、ボタンを押してキャラクターがジャンプし、そこからもう1度ボタンを押すと空中で2度目のジャンプするというもの。その起源はしばしば1985年の『ドラゴンバスター』ではないかといわれており、『超魔界村』『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズなど、さまざまなアクションゲームに取り入れられている。

 このスーパープレーにファンからは「2段ジャンプは実在したのか」、「信じられない」との驚きと賞賛の声が寄せられている。もちろんこうした2段ジャンプは、ゲームの世界では起こりえても、現実の世界では起こりえない。

 しかし物理現象を無視したかのようなタティスJr.選手の動きは、もしかしたら本当に2段ジャンプを成し遂げたのかもしれないと思わせる迫力がある。走攻守とも活躍するタティスJr.選手の驚異的な身体能力を改めて見せつけた形だ。なお試合は7-5でナショナルズが勝利した。

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

インタビュー

インタビューの記事一覧