Valveが携帯ゲーム機「Steam Deck」発表。7インチタッチスクリーンを搭載したNintendo Switch風携帯ゲーム機、『Control』や『ジェダイ:フォールン・オーダー』も動作

 Valveは7インチタッチスクリーンを搭載した携帯ゲーム機「Steam Deck」を発表。かねてよりうわさされていた「Steam Pal」は現実だったことが判明した。2021年12月より、アメリカ、カナダ、欧州連合、イギリスで出荷開始予定。まずはこの地域から予約が始まる。

 そのほかの地域でも2022年に出荷が始まる予定だ。日本語公式ページも存在していることから、日本でも発売されるとみられる。予約や発売時期などは今後の発表を待ちたい。

 もっとも安いeMMC 64GBのモデルが399ドル、NVMe SSD 256GBのモデルが529ドル、NVMe SSD 512GBモデルが649ドル。日本での販売価格はまだ不明だ。補助記憶装置だけでなく、各モデルは付属品などにも細かく違いがある。

 また、別売でモニタや有線LANにつなぐためのドックも発売予定。こちらの価格や発売時期などは不明。

(画像はSteam Deck公式サイトより)

 搭載OSはSteam OS 3.0。LinuxベースのOSだが、PCのSteamライブラリをそのまま持ち込むことが可能。ProtonによりほとんどのゲームがLinux上で動作するという。

 スペックなども公開されている。AMDと提携し、Steam DeckのためのZen2/RDNA2を搭載したカスタムAPUを開発したという。また、メインメモリはDDR5の16GBとなっている。

 とはいえ、CPUやGPUなどはPCゲームになれていないとなかなかピンとこない数字だ。ファンが本当に知りたいのは、スペックの数字ではなく「どんなゲームがどれくらい動くか」だろう。

 Valveはプロモーションビデオで『Control』『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』が動作するシーンを収録している。画面解像度は1280×800でどういったグラフィック設定になっているかは不明だが、これくらいの3Dゲームがしっかりと動作することをアピールしている。

 Steam Deck向けに『Control』の軽量なビルドが配布されるかもしれないが、もっとも容量の小さい64GBバージョンでは『Control』をインストールするには心もとない。すべてのモデルで高速マイクロSDカードスロットがついているとのことだ。

(画像はSteam Deck公式サイトより)

 コントローラーは「人間工学に基づき長時間のプレイにも耐える」としている。物理ボタンは4つの正面ボタン、2本のアナログスティックとDパッド、両肩のショルダーボタンとアナログトリガー、さらに割り当て可能なグリップボタン(背面ボタン)、表記とメニューボタンがついている。これにアナログスティック下部にふたつのトラックパッドが備え付けられている。

 また、6軸IMUのジャイロコントロールにも対応しており、デモンストレーションでは右トラックパッドを押した状態で本体を動かすとゲームの画面も動くようシーンを見ることができる。

 ディスプレイは前述の通り1280×800の7インチディスプレイ。視認性を向上させたオプティカルボンディングLCDパネルとなっている。リフレッシュレートは60Hz。別売のドック接続時は最大8K/60Hz、4K/120Hzとなる。

 くわえて、Bluetooth 5.0とIEEE 802.11a/b/g/n/acに対応するデュアルバンド無線Wi-Fiも搭載している。本体重量は約669グラム、プレイするゲームによるが、バッテリー駆動時は2~8時間ゲームが遊べるという。

(画像はSteam Deck公式サイトより)

 ValveはSteam Deckで「PCで動くものはなんでも動く」と豪語しており、先行してハンズオンプレビューを公開したIGNは「プリインストールされているSteamOSを削除し、Windowsをインストールすることすら可能」としている。ドックに接続してマウスやキーボード、モニタにつなげば完全なデスクトップPCだという。

 また、Valveが公開した開発者向けのSteam Deck紹介動画でも「OSやアプリなど外部のものもインストールできる」としている。見た目は携帯ゲーム機だが、内容は完全にPCだという。開発者向けの紹介動画は日本語字幕にも対応している。開発者でなくともSteam Deckの機能を7分ほどで確認できるので、一度見てほしい。

 一方、PCと大きく異なるのが高速一時停止/再開機能だ。Steam Deckの電源ボタンを一度押すといったんスリープモードになり、もう一度押すと中断したところからゲームなどを再開できる。携帯ゲームやコンソールゲームをプレイしていると当たり前の機能だが、PCではあまり見ない機能だ。

(画像はSteam Deck公式サイトより)

 ハードウェア事業については、これまでゲームプラットフォーム「Steam Machine」を発表するも継続しない過去もあったValveだが、今回のSteam Deckは成功するだろうか。日本での発売など、続報を期待して待ちたい。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ