『カタン 3D版』が9月17日に発売決定。地形タイルが立体になった限定バージョン。すべての地形は緻密な色使いのために手描きで彩色、アンティーク調の仕上がりに

 株式会社ジーピーは、ボードゲーム『カタン』のタイルを立体化した『カタン 3D版』を9月17日(金)に発売すると発表した。価格は税込4万700円。

 ボードゲーム販売店で取り扱うが、限定数のため抽選の場合があるという。

 『カタン 3D版』は、海外では今年8月に発売を予定されている『CATAN – 3D Edition』の日本語版。カタンの生みの親クラウス・トイバー氏が手作業で彫刻した地形タイルに基づいて設計された限定バージョンとなる。

 すべての地形は緻密な色使いのために手描きで彩色されており、歴史と個性に満ちたデザインのアンティーク調の仕上がりに。目の前に広がるリアルなカタンの世界が広がるものとなっている。

(画像はTwitterより)
(画像はTwitterより)
(画像はTwitterより)
(画像はCATAN – 3D Edition | Catan.comより)

 なお、2005年に発売された『Catan 3D Collector’s Edition』とは別物となる。内容はスタンダードのみとなり、デザインが洗練され新しいパーツが増えているものとなっている。のちに日本語Webサイトを出す予定だという。

 『カタン 3D版』は、9月17日(金)に発売予定。限定版となっているため、入手したい人は予約が開始したら忘れずに予約しておこう。

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter: @fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

インタビュー

インタビューの記事一覧