日本一ソフトウェアが社内の「心霊スポット」を翌朝まで定点ライブ配信、7月22日19時から。何があっても何もなくても「責任はもてない」

 日本一ソフトウェアは、「心霊スポット」を7月22日(木)19時から翌朝まで定点ライブ配信すると発表した。配信先はYouTubeニコニコ動画となる。

 7月29日(木)に発売を予定しているPS4、Nintendo Switch向け『真 流行り神3』の発売を記念した取り組みとなる。

 

 今回のライブ配信は、日本一ソフトウェアの社員で噂になっている同社の心霊スポットを定点カメラにて、19時から翌朝までライブ配信する企画。

 「誰もいないのに自動販売機で購入している音が聞こえる」、 「夜、社内に残っている人はいない。誰もいないはずなのに上の階からドンドンと足音が聞こえる。もちろんエレベーターを見てみても動いた形跡はない」、 そんな日本一ソフトウェアの社員の中で噂になっている心霊現象に体を張って観測するとのこと。

 「何かあっても、何もなくても責任は持てません」、とのことで本物の幽霊は写って呪われてしまっても関知しないとのこと。もちろん何も写らないこともありえるだろう。

(画像は真 流行り神3|日本一ソフトウェアより)
(画像は真 流行り神3|日本一ソフトウェアより)
(画像は真 流行り神3|日本一ソフトウェアより)
(画像は真 流行り神3|日本一ソフトウェアより)

 本企画は、7月29日(木)に発売を予定している『真 流行り神3』関する取り組み。本作は都市伝説をモチーフとしており、それは実際の怪異なのかそれとも科学的な事象なのかを調査する。

 今回の定点カメラに、仮に異変が起こったとしたら、それは科学的なものなのか本当に心霊現象なのか考えてみてもいいかもしれない。夏にぴったりなこの企画。日本一ソフトウェア社員のなかで広がっている噂がが本当なのかは、この目で確かめて欲しい。

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter: @fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

インタビュー

インタビューの記事一覧