さまざまなホラーゲームから影響を受けた一人称視点ホラー『Silent Playhouse Residence』無料でリリース。有刺鉄線を振り回す「背の高い女性」から逃げ回り、生きて屋敷を脱出しよう

 ゲーム開発者のCryziel氏は、一人称視点ホラーゲーム『Silent Playhouse Residence』をリリースした。対応プラットフォームはPC(itch.io)、AndroidiOSで、価格は無料だ。まだ体験版であり、プレイヤーの反応次第ではここから完全版を作る予定とのこと。

 『Silent Playhouse Residence』は、恐ろしい存在に何度も殺される悪夢から脱するために不気味な家を探索するホラーゲーム。スクリーンショットやトレイラーでも何度も出てきているため言及するが、プレイヤーを追い詰めるのは白いドレスを着た女性だ。彼女やほかの化け物から逃げつつ、屋敷内部を探索する。

 本作の特徴は、『P.T.』のように同じ屋内を回りながら、通常の世界と鉄さびの世界を行き来する点だ。このふたつの世界を行き来するイメージは、『サイレントヒル』をプレイしたことがあればピンと来るかもしれない。

 また、白いドレスを着た女性の登場シーンは『バイオハザード ヴィレッジ』の影響が見られる。ホラーを楽しむだけでなく、作者の影響を受けたホラーゲームを考えるのも面白そうだ。きっとほかにもまだあるだろう。

(画像はitch.io『Silent Playhouse Residence』より)
(画像はitch.io『Silent Playhouse Residence』より)
(画像はitch.io『Silent Playhouse Residence』より)
(画像はitch.io『Silent Playhouse Residence』より)

 ゲームのプレイ時間は15分程度と小粒で、びっくりさせられるホラーと元ネタの想像が楽しかった。スマホでも配信中のため、作者を支援したいという方は広告付きのスマホ版をプレイするのがいいだろう。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ