『十三機兵防衛圏』過去最大の40%オフセールを開催。美しいビジュアルと独特の構造を持つドラマチックアドベンチャー

 アトラスは9月1日(水)より『十三機兵防衛圏』のセールを開始した。対象となるのは通常版、プレミアムエディション、プレミアムエディションアップグレードの3商品。いずれも40%オフという、これまでで最大のセールとなっている。

 『十三機兵防衛圏』は、アドベンチャーパート「追想編」とバトルパート「崩壊編」、そしてアーカイブパートの「究明編」といった3つのパートから構成されるドラマチックアドベンチャーゲーム。1980年代の日本を舞台に、正体不明の“怪獣”と戦う13人の少年少女たちの物語が美しいビジュアルで描かれる。

 本作では、まず13人のキャラクターごとに用意されたシナリオで断片的な情報を得る。それらをプレイヤーが主体となり繋ぎ合わせることで物語の全貌を明らかにしていく、という独特の構造が特徴だ。文化庁メディア芸術祭の「審査委員会推薦作品」に選出されたほか、多数のクリエイターから高い評価を受けた。

『十三機兵防衛圏』が狂気的に傑作すぎたので、思ったことをちょっと書く

 11月には発売後2周年となる『十三機兵防衛圏』。今回のセールは、PlayStation Storeにて9月1日(水)から9月15日(水)まで開催されている。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ