「任天堂」の株価が「日経平均株価」に採用。日本市場を代表する指標となる「日経225銘柄」に選ばれる。10月1日から

 日本経済新聞社は、日経平均株価を構成する225銘柄の定期見直しの中で「任天堂」の株価を10月1日より採用すると発表した。

 日経平均株価は東証第1部上場銘柄のうち、市場を代表する225銘柄を対象に算出しており、しばしば「日経225銘柄」と呼ばれている。

 「長期間にわたる継続性の維持」と「産業構造変化の的確な反映」という2つの側面を満たし、市場流動性の高い銘柄で構成する指数としており、定期的に見直しをしている。

 日本経済新聞社は今年7月5日に日経平均株価の「構成銘柄の選定基準」の改定を発表し、今年10月1日より適用すると発表していた(PDF)。

(画像は日経平均 :世界の市況 :マーケット :日経電子版より)
(画像は日経平均株価の銘柄定期入れ替え等について(PDF)より)

 今回はその定期見直して「キーエンス」、「村田製作所」、「任天堂」が新たに採用。またまた「日清紡ホールディングス」、「東洋製缶グループホールディングス」、「スカパーJSATホールディングス」は、業種セクター間の銘柄数の過不足調整により除外された。

 こういった採用・除外銘柄は、学識経験者、専門家などの意見を参考に、日本経済新聞社が決定し発表している。

 なお他にもゲーム関連ならば「ソニーグループ」、「バンダイナムコホールディングス」などが225銘柄に選ばれている。10月1日から、日経平均株価に任天堂の株価が反映されるとのことなので、日経平均株価がゲームファンにとって身近になったといえそうだ。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ