『L4D』シリーズ製作陣による新作ゾンビFPS『Back 4 Blood』(バック・フォー・ブラッド)4人協力プレイが可能となるキャンペーンの新トレーラーが公開

 株式会社セガは9月16日(木)、『Back 4 Blood』(バック・フォー・ブラッド)のキャンペーントレーラーを公開したことを発表した。

 『Back 4 Blood』は『Left 4 Dead』シリーズの制作陣が手がける新たな協力型ゾンビFPSだ。最大4人での協力プレイが行えるキャンペーンモードのほか、最大8人のプレイヤーが生存者とゾンビに分かれて闘うPvPモードの存在も明らかになっている。

 本作の物語は、人類のほとんどが殺されるか「リドゥン」と呼ばれるゾンビと化してしまった世界で繰り広げられる。今回公開されたトレーラーの冒頭では、ゾンビ化の原因である「デビルワーム」拡散の裏に政治的な駆け引きが存在したことがほのめかされた。

(画像は「Back 4 Blood – 『キャンペーン』トレーラー」より)

 そして、その絶望的な状況下での希望となる生存者たち「クリーナー」の存在にスポットが当てられる。
 トレーラーの途中から登場する女性「マム」は本作のプレイアブルキャラクターのひとりでもある。彼女は困難からけっして逃げ出さない、恐れ知らずのリーダーとして描かれるようだ。

(画像は「Back 4 Blood – 『キャンペーン』トレーラー」より)

 記事執筆時点では、8人のクリーナーたちがプレイアブルキャラクターとして登場することが明らかになっている。プレイアブルなクリーナーは即時蘇生や危険察知など、それぞれ固有の能力を持つ。また、武器やアイテムなどのカスタマイズ要素も用意される。

 『Back 4 Blood』は10月12日(火)発売予定。なお「デラックス・エディション」「アルティメット・エディション」については4日間の早期アクセス権が付与される。対応プラットフォームはPS4、PS5、Xbox One、Xbox Series X|S、PC(Steam、Epic Games Store)とされている。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ