映画『ブレードランナー』を題材とした公式TRPGが海外向けに発売へ。2037年のロサンゼルスで人造人間を追う捜査官のロールプレイが楽しめる

 Free League Publishingは9月22日(水)、映画『ブレードランナー』を題材とする公式テーブルトークRPG(以下、TRPG)『BLADE RUNNER Roleplaying Game』を2022年に海外向けに発売すると伝えた。あわせて特設ページと予告映像が公開されている。

 『BLADE RUNNER Roleplaying Game』は、1982年に公開されたSF映画『ブレードランナー』の世界観に基づくTRPG。フィリップ・K・ディック氏の小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』を原作とする同映画は、監督を務めたリドリー・スコット氏の演出によるダークでリアルな現実描写が話題を呼び、その独特な視覚的イメージは「サイバーパンク」と呼ばれるジャンルの成立にも大きく関わるものとなった。

 現在もなお多くの後続作品に影響を与え続けている同作だが、制作が報じられたTRPG版では、人間社会に紛れ込もうとする人造人間「レプリカント」を処分する任務を負った「ブレードランナー」(捜査官)としてのロールプレイが楽しめる。

(画像は YouTube『BLADE RUNNER Roleplaying Game – Announcement Trailer』より)

 原作と続編映画『ブレードランナー 2049』との狭間の時代となる2037年のロサンゼルスを舞台に、性格や専門性、そして「記憶」までもが異なる捜査官たちの物語を「コア・ルールブック」によって紡ぎ上げることが可能だ。また、捜査官以外には一般の人間の役も用意されており、道徳的葛藤といったテーマを描くキャラクター間の物語が展開されるという。

(画像は YouTube『BLADE RUNNER Roleplaying Game – Announcement Trailer』より)
(画像は YouTube『BLADE RUNNER Roleplaying Game – Announcement Trailer』より)
(画像は YouTube『BLADE RUNNER Roleplaying Game – Announcement Trailer』より)

 Free League Publishingは、これまでにも『エイリアン』『ザ・ループ』など、映画やテレビドラマを題材とするSF作品のTRPG化を複数手がけてきた実績を持つ出版社。後者は2021年6月に『ザ・ループ TRPG』として日本語版がグラフィック社から発売されている

 ちなみに、『ブレードランナー』がゲーム作品化されるのは今回が初めてではない。1997年にはポイント&クリック型のPC向けアドベンチャーゲームとして『Blade Runner』が発売されており、リマスター版となる『Blade Runner:Enhanced Edition』の開発も進行中だ。また、2021年秋には同シリーズに連なるアニメ作品『Blade Runner: Black Lotus』がアメリカでの配信を控えている。

 『BLADE RUNNER Roleplaying Game』は、2022年に発売を予定。販売価格は明らかとなっておらず、同作の最新情報はFree League PublishingのTwitterアカウントおよび同社の公式サイトにて確認できる。

ライター
フリーランスの翻訳者を経て、2021年より編集アシスタントとして加入。京都の町屋で猫と暮らす。
Twitter:@dashimaruJP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ