任天堂、Nintendo Switchに向けた4K対応ソフトの開発に関する一部報道を否定。現在「Nintendo Switch(有機ELモデル)」以外に新たなモデルの計画はないと明言

 任天堂は、「4K対応のNintendo Switchソフトの開発を推進している」とした報道を否定した。また、10月8日に発売するNintendo Switch(有機ELモデル)以外に新たなモデルの計画はないと公表した。

 今回の任天堂の発表は、9月30日にBloombergが報道した「ゲーム会社、任天堂スイッチの4K対応ソフトを開発中-キット配布で」という記事に関するアナウンスとみられる。

 同記事内では、複数のゲーム会社が4Kに対応するゲームの開発キットを用いてソフトを開発中といった内容の報道がされていた。

 このたびの任天堂からのアナウンスではこちらの報道を否定し、事実ではないとしている。また、現時点において有機ELモデル以外の新たなモデルは計画していないことも明言した。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ