Oculus Quest 2版『バイオハザード4』発売開始。武器の操作やユーザーインターフェースをVR向けに一新、両手に銃とナイフをそれぞれ持ってのプレイも可能

 パブリッシャーOculus Studiosより、10月21日にOculus Quest 2版『バイオハザード4』がリリースされた。

 本作はOculus StudiosとArmature Studioの協力体制のもと、カプコンの『バイオハザード4』がVR向けにリメイクされたものとなる。初めてVRゲームを体験する人にも快適にプレイできるよう、立ち、座り両方の状態に対応するなど、多彩なオプションが用意されているようだ。

 コントローラー「Oculus Touch」を活用した操作により、片手にナイフ、片手に銃を持つというプレイングも可能。武器はそれぞれ体の部位に分かれて装備されており、腕を動かし掴む操作をすることで、該当する部位の武器を使用するという仕組みのようだ。
 銃の扱いも、腰からマガジンを取り出してリロードの操作を行ったり、ショットガンならばコッキングの必要が生まれたりと、VRならではの新たな体験が生み出されている。

Oculus Quest 2版『バイオハザード4』発売開始。武器の操作やユーザーインターフェースをVR向けに一新、両手に銃とナイフをそれぞれ持ってのプレイも可能_001

 また、オリジナル版では画面左下に表示されていた体力、残弾などのインジケーターは腕時計に変貌するなど、VRにあわせたユーザーインターフェースが整えられている。

 Oculus Quest 2版『バイオハザード4』は3990円(税込)で発売中となる。記事執筆時点では、ストアページの評価は約660件で星4.5つと堅調な滑り出しを見せているようだ。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ