定額遊び放題サービス「PS Now」に『ファイナルファンタジーIX』が期間限定タイトルとして追加。『マフィア』『Celeste』といった作品も

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントは11月2日、同社の運営する定額サービス「PS Now」の11月の追加タイトルを発表した。

 PS Nowは月額1180円(税込)から利用できる、400本以上のPS3、PS4タイトルをストリーミングやダウンロードで遊べるサービスだ。

 11月に新たに追加されるタイトルは『ファイナルファンタジー IX』『マフィア コンプリート・エディション』『Celeste』の3本となる。いずれも11月2日より配信が開始され『ファイナルファンタジー IX』、『Celeste』については配信終了日は未定。『マフィア コンプリート・エディション』は2022年の2月28日までの配信となる。

 『ファイナルファンタジー IX』は2000年に発売された同名タイトルに、キャラクターやプリレンダムービーの高解像度化を施したもの。また、高速モードや敵の出現しないモードなどブースター機能が追加されており、快適にゲームを楽しむことができる。

 『マフィア コンプリート・エディション』は1930年代、禁酒法時代のアメリカを舞台としたクライムアクション。当時の文化や建造物、車が忠実に再現されたマップの中で、マフィアとして犯罪組織で成り上がっていく物語が描かれる。
 
 『Celeste』は「セレステ山」の頂上を目指すシングルプレイのアクションゲーム。「ジャンプ」「エアダッシュ」「のぼる」の3つに絞られたシンプルな操作で高難易度のステージに挑む、奥の深いゲーム性が魅力のタイトルだ。

 そのほか、10月5日から配信されている『The Last of Us Part II』などの期間限定タイトルも多数ラインナップ。PS Nowは新規加入者であれば、7日間のフリートライアルを申し込むことができるので、興味のある方はチェックしてみよう。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ