文明崩壊後の地下シェルターで料理を振るまおう、人気お料理シミュレーション『クッキング・シミュレーター』でDLC「Shelter」が配信開始

 Big Cheese StudioとPlayWay S.A.は、お料理シミュレーション『クッキング・シミュレーター』(『Cooking Simulator』)のDLC「Shelter」をPC(Steam)にて配信開始した。

 DLC「Shelter」の価格は税込1220円。11月26日までセールをしており、15%オフの1037円で販売をしている。

 『クッキング・シミュレーター』は、2019年にリリースされた一人称視点のお料理シミュレーション。

 プレイヤーは一流のシェフとなるため、キッチンでさまざまな食材と調理器具を使って料理していく。キャリアモード」では、お題に沿った料理を通して名声と経験を得て、複雑なレシピやスキルをアンロックしていく。

 自由度の高い「サンドボックスモード」では、もはや料理をせずにキッチンでただ暴れまわることも可能だ。ゲームは物理演算に加えて、炎上や爆発などの仕組みが搭載されており、ゲーム実況ではこの「サンドボックスモード」で創作料理をしたり、いたずらに暴れ回ることが好評を博している。

(画像はSteam :Cooking Simulator – Shelterより)
(画像はSteam :Cooking Simulator – Shelterより)
(画像はSteam :Cooking Simulator – Shelterより)
(画像はSteam :Cooking Simulator – Shelterより)

 今回のDLC「Shelter」は文明崩壊後の世界にある地下シェルターのキッチンが舞台となっている。

 突然変異した生物光るキノコなどが食材として、地下に住む人々においしい料理をふるまうのが目的だ。こうして地下シェルターで評判をあげていけば、生き別れになった家族との再会が待っているかもしれない。

 もちろんこのDLCにもサンドボックスモードが搭載されており、キッチンで縦横無尽に暴れまわることもできる。気になった人は購入を検討してみてはいかがだろうか。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ