アリゾナ大学が『エイジ・オブ・エンパイアIV』のプレイヤーに単位を与える学習コンテンツを発表。同校の教授が歴史考証に携わったため

 米国のアリゾナ大学は、リアルタイム戦略ゲーム『エイジ・オブ・エンパイアIV』を通して同校の歴史学部の単位を取得できる学習コンテンツを発表した。本コンテンツは2022年初頭より作品公式サイト内に実装される予定だ。

(画像はSteam『エイジ・オブ・エンパイアIV』より)

 『エイジ オブ エンパイアIV』は、人気リアルタイム戦略ゲームシリーズ最新作として16年ぶりに発売されたナンバリング最新作だ。対応プラットフォームはPCで、日本語とXboxゲームパス For PCに対応している。

 ゲームは「歴史への回帰」をうたっており、これまで以上に歴史考証へ力を入れている点が特徴だ。キャンペーンモードではノルマン人によるイングランド征服をはじめ、英仏間の百年戦争、モンゴル帝国の拡大、モスクワの大国化が描かれており、ストーリーを通してさまざまな歴史を学べるようになっている。

(画像はSteam『エイジ・オブ・エンパイアIV』より)
(画像はSteam『エイジ・オブ・エンパイアIV』より)

 特にキャンペーンにおける各ステージの前後には、ナレーションとともに実際の戦史跡や政治的な背景が紹介される。また「モンゴル帝国の弓」など、当時に存在した武器の特徴がわかるTipsの映像も専門家による監修のもと作られている。

 2022年初頭には『エイジ・オブ・エンパイアIV』のコミュニティタブ「University of Arizona Enhanced Experience」を選択すると、ゲームで描かれた歴史を復習できる学習コンテンツへアクセス可能となる。

 この学習コンテンツには、アリゾナ大学の歴史学部で学部長を務めるアリソン・フトレル氏ポール・ミリマン准教授が携わっており、両名は本作におけるTipsの歴史考証の一部を担当しているという。

(画像はSteam『エイジ・オブ・エンパイアIV』より)
(画像はSteam『エイジ・オブ・エンパイアIV』より)

 上記の学習コンテンツはすべてのプレイヤーが利用可能だが、今回の発表はアリゾナ大学へ在籍している学生ならば1単位が付与されるというもの。またアリゾナ大学に入学を予定している人がプレイしていた場合も、入学時に1単位が付与される。学習コンテンツがどのような内容になっているのか気になるところだ。

 今回のアリゾナ大学による発表は、歴史考証に力を入れた『エイジ・オブ・エンパイアIV』ならではの施策といえそうだ。

 本作は「Xboxゲームパス For PC」へ対応している。「Xboxゲームパス For PC」は最初の3か月を100円で利用できるので、まだ未プレイの人はこの機会に『エイジ・オブ・エンパイアIV』をプレイしてみてはいかがだろうか。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ