今年ネットでもっとも流行った単語を表彰する「ネット流行語100」年間大賞は『ウマ娘 プリティーダービー』に。『呪術廻戦』と『東京卍リベンジャーズ』も上位にランクイン

 ドワンゴは、「ニコニコ大百科」と「ピクシブ百科事典」が主催する「ネット流行語100」にて、スマートフォン向けゲーム『ウマ娘 プリティーダービー』が年間大賞を受賞したと発表した。

 あわせて『呪術廻戦』や『東京卍リベンジャーズ』がランクインしたトップ100位までの単語賞を発表している。

 「ネット流行語100」は、今年ネットでもっとも流行った単語を表彰するアワード。ユーザーが編集するオンライン辞書であり、ネットのあらゆる新語・流行語を網羅した「ニコニコ大百科」と「ピクシブ百科事典」が主催を務める。

 「ネット流行語100」は、主催者に共通する「」を由来として、今年1年のネットの流行を”1から100まで網羅的に振り返って総決算したい“との思いが込められている。

  また、イベントでは年間大賞に加えて、特別賞の「ニコニコ賞」および「pixiv賞」も同時に発表された。なお、選考は2021年1月1日〜11月24日までの期間に、両サービスの各単語ページにおけるアクセス数の合算値を計測。昨年から今年にかけて特に多かった100単語を「ノミネート100単語」として選び出し、そのなかからもっとも差分が大きかった単語を「年間大賞」に認定している。

今年ネットでもっとも流行った単語を表彰する「ネット流行語100」年間大賞は『ウマ娘 プリティーダービー』に。『呪術廻戦』と『東京卍リベンジャーズ』も上位にランクイン_001
(画像はウマ娘 プリティーダービー 公式ポータルサイト|Cygamesより)

 今年は見事、スマートフォン向けゲーム『ウマ娘 プリティーダービー』が年間大賞を受賞した。また、関連ワードである「ゴールドシップ」、「ライスシャワー」、「トウカイテイオー」も上位に入り、存在感を見せつけている。またビデオゲーム関連では『バイオハザード ヴィレッジ』のオルチーナ・ドミトレスクも8位にランクインされている。

 年間大賞と各部門賞、トップ20の単語賞は以下のとおり。

年間大賞 ウマ娘 プリティーダービー
ニコニコ賞 周央サンゴ
pixiv賞 呪術廻戦

2位 ゴールドシップ(ウマ娘)
3位 呪術廻戦
4位 東京卍リベンジャーズ
5位 ゴールドシップ
6位 五条悟
7位 乙骨憂太
8位 オルチーナ・ドミトレスク
9位 ライスシャワー(ウマ娘)
10位 脹相(呪術廻戦)
11位 妖精円卓領域 アヴァロン・ル・フェ
12位 真希波・マリ・イラストリアス
13位 トウカイテイオー(ウマ娘)
14位 夏油傑
15位 ふにんがす
16位 オベロン・ヴォーティガーン
17位 ヤマト(ONE PIECE)
18位 PUI PUI モルカー
19位 機界戦隊ゼンカイジャー
20位 やばいクレーマーのSUSURU TV

今年ネットでもっとも流行った単語を表彰する「ネット流行語100」年間大賞は『ウマ娘 プリティーダービー』に。『呪術廻戦』と『東京卍リベンジャーズ』も上位にランクイン_002
(画像は『呪術廻戦』|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイトより)
今年ネットでもっとも流行った単語を表彰する「ネット流行語100」年間大賞は『ウマ娘 プリティーダービー』に。『呪術廻戦』と『東京卍リベンジャーズ』も上位にランクイン_003
(画像は『東京卍リベンジャーズ』より)
今年ネットでもっとも流行った単語を表彰する「ネット流行語100」年間大賞は『ウマ娘 プリティーダービー』に。『呪術廻戦』と『東京卍リベンジャーズ』も上位にランクイン_004
(画像はSteam:BIOHAZARD VILLAGEより)

 なお公式サイトにはトップ100までの単語賞も公開されているので、詳しくは公式サイトを確認してみて欲しい。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ