『There Is No Game: Wrong Dimension』のNintendo Switch版が配信開始。PC版も日本語対応のアップデート。「ここにゲームはない」と言い張るメタ・パズルアドベンチャーゲーム

 Draw Me A Pixelは、パズルアドベンチャー『There Is No Game: Wrong Dimension』のNintendo Switch版を配信開始したと発表した。価格は税込1670円。

 本作はPC(Steam)が昨年より発売しており、新たにNintendo Switchでの展開となる。あわせて、PC(Steam)版も日本語に対応するアップデートを配信開始している。Steam版の価格は税込1320円だ。

 『There Is No Game: Wrong Dimension』は、「ここにゲームはない」と主張するプログラムの世界を探索するコメディ・メタ・パズルアドベンチャーゲームである。

 ゲームを起動すると「はじめる」ではなく「はじめない」と表示されているスタート画面が登場。ゲーム自身がゲームであることを頑固に否定する声を聞きつつ、隠されたパズルを解いていくとプレイヤーは「ビデオゲーム異次元」に飛ばされることに。どこかで見たような数々のゲームを「型破り」な方法で攻略していこう。

『There Is No Game: Wrong Dimension』のNintendo Switch版が配信開始。PC版も日本語対応のアップデート。「ここにゲームはない」と言い張るメタ・パズルアドベンチャーゲーム_001
『There Is No Game: Wrong Dimension』のNintendo Switch版が配信開始。PC版も日本語対応のアップデート。「ここにゲームはない」と言い張るメタ・パズルアドベンチャーゲーム_002
『There Is No Game: Wrong Dimension』のNintendo Switch版が配信開始。PC版も日本語対応のアップデート。「ここにゲームはない」と言い張るメタ・パズルアドベンチャーゲーム_003
『There Is No Game: Wrong Dimension』のNintendo Switch版が配信開始。PC版も日本語対応のアップデート。「ここにゲームはない」と言い張るメタ・パズルアドベンチャーゲーム_004
『There Is No Game: Wrong Dimension』のNintendo Switch版が配信開始。PC版も日本語対応のアップデート。「ここにゲームはない」と言い張るメタ・パズルアドベンチャーゲーム_005
『There Is No Game: Wrong Dimension』のNintendo Switch版が配信開始。PC版も日本語対応のアップデート。「ここにゲームはない」と言い張るメタ・パズルアドベンチャーゲーム_006

 メタなコメディ全開の奇想天外なパズルゲームを開発したのは、フランスに拠点を置くゲームスタジオのDraw Me A Pixel。2017年にPascal Cammisotto氏によって設立され、2015年に「欺くこと」をテーマにしたゲームジャムのコンセプトをもとに本作のプロジェクトが生まれた。

 PC版は2020年に発売していたが日本語には対応していなかったため、今回は待望のアップデートとなる。なお、ローカライズ作業は架け橋ゲームズが担当している。

 メタ・パズルアドベンチャー『There Is No Game: Wrong Dimension』はNintendo SwitchとPC(Steam)向けに配信中だ。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ