絶叫顔がキュートな「マンドラゴラ防犯ブザー」は20万いいねを獲得するなど大きな話題に。引き抜くと絶叫するという伝説に防犯ブザーを組み合わせた「うるさかわいい」一品

 デザイン企画会社の「2時」は12月20日(月)、サンプル製品として「マンドラゴラの防犯ブザー」を発表した。

 こちらの商品は「引き抜くと悲鳴を上げ、それを聞いた人間は発狂して死んでしまう」という伝説を持つ植物「マンドラゴラ」をモチーフとした防犯ブザー。植木鉢からぬいぐるみを引っこ抜くことで、内蔵された防犯ブザーのピンが抜けるという仕組みになっており、伝承をベースに防犯グッズとしての機能を持たせた遊び心あふれる一品だ。

 また、マンドラゴラのサイズ感表情ポージングのかわいらしさも人気を呼び、Twitter上では商品化や一般販売を求める声が多数上がった。そのデザインの優秀さから「誰でも持ちたくなる防犯ブザー」という観点でも注目されている。

 「2時」は、2020年11月に設立された商品企画会社。これまでにも「犬用勝訴マスコット」「Cookieを有効にするクッキー型」など、TwitterをはじめとするSNS上で大きく話題になった商品を数多く手がけている。

絶叫顔がキュートな「マンドラゴラ防犯ブザー」は20万いいねを獲得するなど大きな話題に。引き抜くと絶叫するという伝説に防犯ブザーを組み合わせた「うるさかわいい」一品_001
犬用勝訴マスコット(画像は株式会社2時公式サイトより)
絶叫顔がキュートな「マンドラゴラ防犯ブザー」は20万いいねを獲得するなど大きな話題に。引き抜くと絶叫するという伝説に防犯ブザーを組み合わせた「うるさかわいい」一品_002
Cookieを有効にするクッキー型(画像は株式会社2時公式サイトより)

 「マンドラゴラ防犯ブザー」は多くの反響を得たことから、現在商品化を検討中とのことだ。「2時」の公式Twitterアカウント公式サイトからの続報を待ちたい。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ