シリーズ最新作『Horizon Forbidden West』がマスターアップ。1000年後のアメリカ西部を舞台に機械獣との戦いを描くオープンワールドアクション

 Guerrilla Gamesは日本時間1月27日(木)、シリーズ最新作『Horizon Forbidden West』がマスターアップしたことを公式Twitterにて報告した。

 『Horizon Forbidden West』は、1000年後のアメリカ西部を舞台に主人公・アーロイの冒険を描くオープンワールドアクション。動物の姿を象った機械獣と狩猟など原始的な生活をする人間が登場し、アーロイは荒廃し続ける世界の謎に迫って世界の均衡を取り戻すために奔走することとなる。

 フィールドには舞台となるアメリカ西部の緑豊かな森や荒廃した街、そびえる山々、西海岸地域の美しい海辺といった場所が登場するほか、新たに水中のロケーションも追加されたことで、より豊かな冒険と幅広い戦闘が可能となっている。

 また、メインの武器である弓にくわえて、粘着性のグレネードを放つことができるブラストスリング、高火力の投擲武器スパイローワーといったさまざまな戦術が可能になる武器が使用可能に。高所でも素早く移動でき、フィールドのオブジェクトを破壊したりすることも可能な手首に装着するロープ「プルキャスター」とあわせて使えば、有利に立ち回ることができそうだ。

 Guerrilla Gamesは公式Twitterにて“We have some exciting news for your all”(みなさんにエキサイティングなニュースがいくつかあります)として、金色の光に包まれるアーロイの短い映像とともにマスターアップを報告した。すでにリプライ欄には多数のユーザーはもちろんのこと、『Ghost of Tsushima』『アサシンクリード』の公式アカウントなどからも祝福の声が届いている。

 価格はPS4版スタンダードエディションが税込7590円、PS5版スタンダードエディションが税込8690円。以下のアイテムが付属するデジタルデラックスエディションが税込9790円となっている。

Horizon Forbidden West™ PS4&PS5
デジタルサウンドトラック & アートブック
デジタルコミックブック
カージャ族ベヒーモスの武器と防具
ノラ族雷の武器と防具
ストライクの駒「強化型クローストライダー」
旅のアイテムセット
フォトモード用オプション(ポーズとフェイスペイント)

ライター
ベヨネッタとロリポップチェーンソーでゲームに目覚めました。 3D酔いと戦いつつゲームをする傍ら、学生をしています。
Twitter:@d0ntcry4nym0re
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ