手ずから骨董品を修復し、さびれた美術館を立て直す経営シミュレーションゲーム『My Museum』の無料体験版が配信中

 2月21日(月)から開催されている「Steam Next Fest」にあわせて、美術館運営シミュレーションゲーム『My Museum』無料体験版が配信中だ。

 本作では、プレイヤー自らが骨董品を集め、復元し、展示することでさびれた美術館の再起をはかる。ガラクタのように扱われているものを手ずから磨き上げ、修復して価値を生み出し、展示スペースに飾ることで客を呼びこんでいく。

Steamにて経営シミュレーションゲーム『My Museum』の無料体験版が配信中_001
(画像はSteam『My Museum』販売ページより)

 祖父から譲り受けたという美術館は古く、集客のためには掃除も欠かせない。価値あるものを集めて展示会を開催したり、オークションを行ったりと、美術収集家としてだけではなく、ビジネスマンとしての活躍も求められる。

 批評家や訪問者たちを満足させることができるようになれば、新たにスタッフを雇い、建物を改築し、さらなる発展を目指すことも可能。しかしその道のりの中では難しい経営上の問題がわきおこり、常に新しい刺激を求める人々の声に応え続けなくてはならない。

Steamにて経営シミュレーションゲーム『My Museum』の無料体験版が配信中_002
(画像はSteam『My Museum』販売ページより)

 骨董品集めや修復といった裏方の作業から、陳列や経営まで自身で体験できる『My Museum』は現在無料体験版を配信中。製品版のリリース時期は明らかにされていないが、Steamストアページの記述によれば日本語字幕にも対応するようだ。興味を持たれた方は、今回のデモ版を試してみてはいかがだろうか。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ