Steamが2021年を振り返る統計情報を公開。Steamの全プレイヤーが2021年中に費やした時間は約430万年、年間で約350億ギガバイトのコンテンツを配信した

 Steamは3月9日(水)、2021年を振り返る統計情報を公開した。

 こちらの情報によると、2021年の1年間でプレイヤーたちは累計約380億時間(430万年)をSteamで費やしたという。これは2020年に比べて21%の増加となった。

 ゲームに対するプレイヤーの消費額も2020年から27%増加し、プレイ時間以上の成長が見られる。Steamではじめてゲームを購入したプレイヤーは年間で3120万人にものぼることから、新規参入者も順調に増えているようだ。

 この成果の理由のひとつとして、家庭用ゲーム機専用であった人気ゲームが複数追加されたことが挙げられている。『Days Gone』『Forza Horizon 5』など、各ファーストパーティースタジオによるラインナップも楽しむことができるようになり、PCでゲームを遊ぶプレイヤーには最も選択肢が幅広く与えられている、と強調した。

Steamが2021年の統計情報を公開。ゲームに対する消費額は全体で27%増_001
(画像はSteam公式ニュース「2021年を振り返って」より)

 また、2021年3月に公開された「Steam Remote Play Together」の新機能により、ユーザーはValveのネットワークを通じてローカルマルチプレイヤーセッションを自由に共有できるようになった。Steamアカウントを持っていないユーザーでさえ、疑似的なオンラインプレイに参加できるこの機能は、Steamの全リモートプレイセッションの34%を占めている。

Steamが2021年の統計情報を公開。ゲームに対する消費額は全体で27%増_002
(画像はSteam公式ニュース「2021年を振り返って」より)

 そして数多くのゲームの体験版やライブストリームが公開される「Steam Next Fests」イベントが、開発者とプレイヤーの両方にいくつもの恩恵を与えた。季節ごとに開催されるこちらのイベントでは、ウィッシュリストへの登録が約22倍にも膨れ上がったという。ユーザーと新たなゲームとの、巨大な出会いの場となっているわけだ。

 Steam恒例となっている大規模セールについては、サマーセールの収益が2020年に比べて収益が13%ほど増加。そしてその記録も、すぐさまウィンターセールによって塗り替えられるという大成功をおさめた。2021年のウィンターセール期間中では、14日間で230万人にものぼる新規プレイヤーを呼び込むことに成功したとされている。

Steamが2021年の統計情報を公開。ゲームに対する消費額は全体で27%増_003
(画像はSteam公式ニュース「2021年を振り返って」より)

 くわえて、月ごとにプラットフォームでもっとも優れた成績を残した新作を取り上げる「トップ20」チャートとブログ投稿についても継続して取り組んでいくとのこと。また、自社の運営する巨大なサーバーネットワークのインフラ整備にも注力しているようだ。

 現在は世界中にあるサーバーの4分の1のアップグレードが完了。2022年末までには半数ほどのアップグレードを完了させられる見込みだという。2021年には約33エクサバイト(約350億ギガバイト相当)のコンテンツが配信されるほどに成長したSteamでは、拡張への取り組みが非常に重要となるとのことである。

Steamが2021年の統計情報を公開。ゲームに対する消費額は全体で27%増_004
(画像はSteam公式ニュース「2021年を振り返って」より)

 そのほか詳細については、Steamの公式ニュースを参照されたい。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

Amazon売上ランキング

集計期間:2023年2月4日20時~2023年2月4日21時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ