『エーペックス レジェンズ』PS5、Xbox Series X|Sに向けた次世代機版が3月30日に配信決定。4K出力や60Hzのリフレッシュレート、HDRなどに対応する

 開発元のRespawn Entertainmentは3月29日(火)、『エーペックス レジェンズ』のPS5、Xbox Series X|S版を、日本時間の3月30日(水)にスタートする「ウォリアーズコレクションイベント」にあわせて配信すると発表した。

 これまで、PS5やXbox Series X|Sといった最新世代機で『エーペックス レジェンズ』をプレイする際には後方互換機能を用いており、本来の性能を発揮することができなかった。今回、正式に最新世代機に対応しHDR60Hzのリフレッシュレートに対応。PS5とXbox Series Xでは4K出力が可能となるほか、影や遠景の描写も改善される。

 また、今後のアップデートによって120Hzのリフレッシュレートや、PS5におけるアダプティブトリガーハプティックフィードバック機能への対応も行われるとのことだ。

 アップデートの方法はハードウェアによってことなり、Xbox Series X|Sでは自動。PS5版ではダッシュボードの『エーペックス レジェンズ』を選択、「ゲームをプレイ」の隣りに配置されたオプションボタンから「バージョンを選択」、PS5版を選択することでダウンロードが開始されるといった手順になる。

『Apex Legends』次世代機版が3月30日に配信決定。4K出力などに対応_001
(画像は『エーペックス レジェンズ』公式Twitterアカウントより)

 3月30日(水)のアップデートでは、いくつかのバランス調整および修正パッチも配信。「ウォリアーズコレクションイベント」にて復刻される「コントロールモード」にて発生していたものをふくむ、複数の不具合の修正が行われた。

 バランス調整の面では「G7スカウト」のダブルタップバースト射撃の遅延が低下し、反動は改善、弾薬の携行数は増加するという強化措置が取られた。くわえて「ハンマーポイント弾」と「キネティックフィーダー」の出現率が増加、反対に「デッドアイズテンポ」、「シャッターキャップ」、「ブーステッドローダー」は出現しにくくなっている。

 『エーペックス レジェンズ』のPS5、Xbox Series X|Sに向けたアップデートは3月30日(水)の配信を予定。同日よりウォリアーズコレクションイベントも開催される。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ